09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなに釣れていいんだろうか(困惑)

2014年 07月15日 19:05 (火)

相変わらず明浜に行ってきました。
オヤジをダシに使って!

道中、信号という信号全部渡ろうとしたら赤信号。
しかも絶妙なタイミングで無理なく止まれるタイミング・・・・・・
逆に言えば無理しないと通過できないww

ここは当然のように止まります、はい。

この信号、僕にとってはその日の釣果の指標。
いわばジンクス。

無理しないと止まれないタイミングでの赤信号は不釣
今回のような無理しないと通れないタイミングでの赤信号は好釣です!!

ものすっごくわかりやすいです。
運は完全にこちらに向いています。

にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
ついでのワンクリックお願いします。
これがこんなに嬉しいものとは思いませんでした!!



釣り場につくと先端と真ん中のちょうど間にカゴ師が居た。
松山からで昼から開始のオール組らしい。

挨拶して真ん中の外灯の右側、毎度のごとく定位置w

日暮れ直前にもう一人やってきた。
見た感じのべ竿のおっちゃん。

何も言わずにトボトボ歩いてきて、外灯の左側のほぼ真下に座った。

ちなみに僕は右側のコンクリートの継ぎ目。
オヤジが外灯のほぼ真下(右側)。

オヤジとおっちゃんの距離1m

釣りとしてはほぼ密着、外灯挟んでるけど。



そのうち人がどんどん集まりパッと見10人位になった。
僕ら以外餌釣り。

ちなみに僕の立ち位置が一番潮上になってますので餌の影響は殆どありません。


8時になる辺りで25cm平均でポンポン釣れ始めた。
食ってくる位置が堤防の際際(10cm~20cm)
オヤジはjh1gで、僕は06g
ワームはお互いにアジリンガーのアジキングシルバー。

40分になったあたりでパタリと釣れなくなった。
多分満潮が9時だったからだと思う。
それとここ、9時回ると突端から湾奥に向かって移動するのが重なったせい。

それを知っているがゆえにきっぱりと諦め他の釣り場に移動して数匹釣って帰った。

20140714.jpg

オヤジの27cmを筆頭に計18匹。
内訳:オヤジ、7
    きゃべつ、11
でした!!


続きを読む

台風が肩透かしで良かった・・・・・

2014年 07月12日 01:09 (土)

太平洋側は結構やばかったらしいです。竜巻?みたいのあったり。
まぁ四国の大部分は平和です。

と、台風通り過ぎた後は比較的穏やかになりました。
こうなると居ても立っても居られない。
出撃です!!


にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
1クリックして戻るだけの応援おねがいします。

ニュースを見る限り1級河川はかなりの水量が出ているはず。
てことはそういう湾は避けるのが無難。
消去法で決まるのは明浜地区。
結局ココかよ!?って思った画面の前の君?







正解です!!


どっちに転んでも明浜へ行くつもりでした。

道中は台風明けのせいか、どこもかしこもがら空き。
お目当ての釣り場がすんなりととれました。

釣るのはいつもの定位置、真ん中の外灯。
夕まずめにメバルの23cmから始まり、カマス、サバと一気に3目達成。
当然のごとくネンブツダイも釣れたので4目。

だいぶ日が暮れてから18cmをスタートに23,25とサイズを上げた

1601.jpg


この時点でメバルとサバ、豆アジを入れて8匹。

夜9時を回るとネンブツダイのオンパレード。
この釣り場は勝負が早いのが特徴。
素直に移動を開始する。


次の釣り場に到着したら誰も居なかったのでのんきにジュースを買っているとアジンガーが一組やってきて僕が同類と見るや否やさっとクーラーだけ持って行って場所取りをした。
なんだかな~~と思いつつ手前の方(明かりがギリギリ届かない立ち位置)を許可をもらって投げることに。

潮は表層が風に吹かれて右へ。
でもそう思ってどんどん沈めていくがいまいち入りが悪い。
まさかと思い逆の流れを想定して流し込むと綺麗に同調できた。
ここから糸を張って送っての繰り返しで全層探りをしていく。
40カウントしたあたりでノソっと違和感。
さっとベールを戻して合わせると見事な引き。
グングン持って行かれて上がってきたのは25cmのセグロ。

それから同じような流れで+3匹ゲット。
これで12匹。

釣りながらアジンガーの人に情報を教えつつ雑談をして楽しく釣りができた。



20140711.jpg


計12匹。引きも強く、手応えのある鯵たちだ。


そうだ、媛鯵ンガ~のチームに参加してみました。
今回の釣行の帰りにジャリジャリさんと待ち合わせをして挨拶。
ブログで拝見する限りの印象より気さくな方でした。
その点オイラ、人見知りがちでテンション低めですww

近いうち、チームの皆さんと釣りをしてみたいですね!!

ジトジト、不快指数が上がってきました

2014年 07月07日 23:43 (月)

雨降りに釣りに行きたいというオヤジを連れて行き
あまりにも早く行き過ぎて日没前にリタイアしましたww


翌日、ちゃんと日没時間を計算して穴埋めに行きました。

20140771.jpg

にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
ブログ村ランキング、しれっと参加してみました!
応援よろしくお願いします!!




綺麗に雨雲の穴に入った明浜。
ものすごくジトジトしていつの間にかメガネが曇ってきますが雨は降っていませんでした。

向かいに見える鬼ヶ城。
その向こう側がピカピカ光っている。
あの山を雷雲が超えてきたら引き上げよう。

日没後、バカバカと釣れ始めました。
でもなんだか予想より?いつもより?引きが強い。
ドラグ調整と02エステルの劣化が重なり2連続でラインブレイクによるバラシ。
トドメに隣のオヤジが抜き上げ直前にバラシ。

やべーよ、アジがちっちまったよ!!

時合を完全にぶち壊してしまった。
しかもなんだか妙に浮足立って考察と戦略が上手くいかない。

少ししてオヤジが2連続ヒットさせ24cmをゲット!!

201707072.jpg

その間、妙に噛み合わずに焦りが出てきました。
久しぶりにスランプ来たのか、単純にリズムが狂ったのか。
どちらにしても調子が悪い。

ということで気持ちを仕切りなおし、今回の釣行戦略をリセット!
表層から4カウントずつ丁寧に探り下ろす。
それぞれのレンジを左、中、右・・・・丁寧に(ART??)
そして40カウントの左、来た!!!

今度は引きの強さに負けないようドラグに余裕をもたせ、丁寧に浮かせる。
やっとこさ釣ることができた。
セグロだった。
回遊型のセグロ。
足が速いセグロ。
パターンは入らないからレンジを幅広く探っていく。











雷雲がだいぶ近づいてきた時は9時30分。
実質8時からの釣行だった。
終わってみればよくあれから立ち直れたもんだ。

201407073.jpg

カウンターは8匹。
オヤジの2匹も入ってるからいつの間にか6匹釣っていたようだ。
1時間30分がすごく長かった気がする・・・・・・・・

02で強烈な引きのアジ・・・・・・・
しばらく忘れていたこのスリル・・・・・・!!
アジングってこんなに楽しかったんだ・・・・・!!?


よし、台風の間にライン買い替えついでに消耗品補充してこよう。

数は釣れないけど粒ぞろい

2014年 07月05日 19:24 (土)

最近日がながいですよね~~
しっかりと暗くなるのが8時とか・・・・・
どんなに遅くても日付が変わるまでには家に帰らないと辛いオイラは実質10時までしか釣りができないからヒジョーにもどかしいです。

とまぁ相変わらず明浜釣行なんです、はい。
いつも明浜選ぶのは片道1時間30分以内の距離で外れが無いポイントが多いからです。
三浦半島もいいけどあそこ行くと狙いの場所に乗れなかった場合選択肢が少ないのが痛い。
まぁそんな感じで最近釣れないなんて聞くと無性に行きたくなるんです。

1ヶ月ブランクがあると集めた情報はまるで役立たず。
ちょっとずつ情報集めていることで気がついたのはちょうど釣り休みしていた時がめちゃくちゃ釣れていたようですね・・・・
そのせいで人が押し寄せてどこもかしこもギュウギュウ詰め。
んで僕が復帰すると釣れなくて人が来なくなって・・・・・
どうやらアジがきゃべつを恐れているようです!!
フフ、怖いか?


と、前置き長くなりました。
明浜釣行、行きましたがカゴ釣りのおっちゃんたちが珍しくいつもの立ち位置に乗っていて諦めました。(突端の明かりがチカチカしてるせい)

なのですっからかんだった場所へ!
南側にサビキのおっちゃんが居ましたが昼組だったので日が暮れると帰って行きました。
んでその後に行ってみると妙に気配がプンプンしてます。
側面は右方向に、突端は風に吹かれて東向にながれている。
つまりポイントはその合流する線!!
そこに沿って階段落とし。
そして足元のエグレたところでガツン!!

毎度の如く手すりに巻き付いて落としてしまうまでそれで釣れました。

20140705.jpg

26cmを筆頭に6匹。
8時から釣れ始め9時に納竿。
見事にセグロばかりでございます。
ホント居付き居ないなぁ。



足元を通り越して後ろを釣るという新しさw


原点回帰

2014年 07月01日 11:43 (火)

先に釣果から載せますかね~~

20140630.jpg

大小合わせて8匹です。
オヤジと半分半分ですけどw
豆アジを除けば23cmが平均、しかもでっぷり太ってました。

さてタイトルですけど、「原点回帰」
僕の釣りのテーマは「釣れないを釣る」
まぁこの考えに至ったのは釣り場の占領と略奪でかなり嫌な目にあったからですね。
それを見返してやろうと思ったわけです。
たまにそれらの防衛で牽制の一手を打つために使わない竿などを投げて放置している方もおられますがそれでは同じことをやっているだけなんですよね~~

今回は釣り場1択で行きました。
当然のように釣り人も居ました。
突端に2人、真ん中の外灯左側に2人
なのでいつもの定位置、真ん中の外灯右側取った。
左側のかご釣り師は釣れない釣れないと言っている。
日暮れ前に一人追加でやってきた。
その人はのべ竿師だったのだがそれがまた近くで釣りを始めたんです。
外灯の真下、僕らからは2mくらいかな?
近くで餌が入ると自然のパターンが崩れてやりずらくなるからヤバイなと・・・・・
まぁ幸運だったのはこちらが潮上だったこと。
全く餌の影響を受けないところで探りを入れると釣れる。
釣れるのがまぁ普通じゃない。
珍しく横の釣り。しかも壁際という・・・・・

そこでふと周りを見てみると釣れているのは僕達だけでカゴ釣りの人は釣れないと帰り支度。
のべ竿は隣で釣れているのに餌を撒いている自分は釣れないとため息。
はたから見れば探りを入れている場所が見当違い。
確実に餌の影響で浮きすぎくらいアジが浮いているのに棚が深すぎたり遠すぎたり・・・・・
昼間の釣りをそのまま夜やっているのだろう。

言い方はあれだがオヤジが隙をみて餌で浮いているアジを釣っていたのでその点は確信がある。

とまぁあまりいい感情ではないのだが、してやったり。

「釣れないを釣る」

久しぶりにその一つをやることが出来ました。
普段は人が居るところを避けて誰も釣りたがらない場所での「釣れないを釣る」だったのですが、今回は人がいるけど全体的に「釣れないを釣る」でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。