08月 « 2017年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満月を攻略せよ!!

2013年 05月23日 00:48 (木)

なかやnさんが、アジが渋いと言ってまして
満月だからなのかなーと思っていました。

でもその釣り場はデイアジングでも好釣な場所。

ならば満月でも行けるはず!!


先輩と行く予定のヤエンのエサの確保もかねてそこへGO!!



到着したのは6時丁度。

南側の突端も空いている。

チヌが壁をつついている・・・・・・えっ?




とまぁささっと突端を陣取り下調べ。

サビキ師もなかなか釣れないようで苦労していた。

サビキのおっちゃん、「最近騙しでアジがよう釣れよるんと」お隣の人とアジングのことを話しておりましたが、(サビキも騙しじゃん)と心中で叫んで居たのは内緒(●´艸`)

とりあえず新しく追加したキャロを試してみる。


4.5gでボトムを取り、すぐにカサゴゲット!

その後ネンブツダイばかり釣れる。


7時をすぎた頃、なかやnさん到着。




それから少しして、足元のボトムで根掛かりみたいなあたり。


ちゃんと生命反応はあるが、岩みたいに動かない。


少しあがっては、閉めまくったドラグが出て行き、潜られ

を3 4回ほど繰り返し、ラインブレイク。


切れたところを見ると見覚えのあるザラザラが・・・・・

チヌか!?





場が荒れたのか、マズメ時は何も食わなかった。






しばらくして9時前。

やっとアジが釣れた。

仕掛けは

JH 1g
ワーム 34メデューサにじ


それからしばらく入れ食い状態。


まぁ潮に流しながら探っていくから効率は悪いのだが・・・・


生かしバッカンにアジをどんどん入れていたが、10匹を越えたあたりでやたらと暴れ出した。

どうも酸素不足。

4匹取り出して締める。




そうこうしている内になかやnさんも3 4匹釣り、餌用に提供してくれた。



追加で海水入れたり、いろいろしたが、このエアーポンプでは五匹が限界のようだ。


確かにストーンからあまり泡が出てないし。


どうせ場つなぎで買ったポンプとストーン。
いいのに新調するか?

スキマー作成も考えてみないといけないな。





生かしたアジ5匹と、絞めたアジ17匹。
内、4匹ほどなかやnさん提供。


釣れないとされる満月アジング。
これだけ釣れたら上等でしょ!?


なかやnさん、確かに宣言通り9時から釣れましたよ(≧∀≦)

あけはまあじんぐ

2013年 05月19日 01:04 (日)

土曜日。

雨が降る前にアジングに行っておこうと、0君を連れて明浜にやってきました。



天気予報ではあまり風が吹く感じではなかったのですが、現場に着くと予想以上に吹く。

まぁ釣りができないわけではないので、さっさと晩飯の弁当をがっついてなかやnさんの所に突撃!!


まだ釣れてないとのことでしたが、それからすぐになかやnさんにヒット!!
mキャロ8gで釣れたとのこと。


今日もボトムなのか・・・・・



風が吹いてjh単体ではなかなかきつい。

jh 1gにガン玉3Bをかまし、ひさしぶりのスプリットショット。


ワームはメタボブリリアントのチャーゴーでなんとかヒットさせるも
柵が邪魔をし、ひとりでに海へ帰って行った。



そこから僕はグダグダでした・・・・・・・


フロートを装備しようとしたら、なぜか、フロートの穴が埋まってる・・・・・・
シャーなしに針でホジホジして通すと、今度はリーダーが絡まる。







なんでやねん。






グダグダしているうちに0君やなかやnさんはどんどん釣っていく。



だんだん焦ってきた・・・・・




フロートリグはぶっ飛びロッカー ssのLサイズ
ワームはメデューサ ぎん
フックにはガン玉Bをかます。



やけくそでぶっ飛ばし、仕掛けが馴染むまで緩む糸を巻き取る。
糸が緩まずに出ていくようになると軽くトゥイッチを入れてリフト。
風に吹かれて寄ってくるので、その分巻く。


ガツンとアタリ。



なんとか1匹キープ。
とりあえず心に余裕ができる。




スプリットショットに持ち替え、探る。

そのうち糸を送っているときにアタリがあり、2匹追加。
スプール抑えながら合わせたため指が吊りそうになったw



その後アタリがあっても乗らずに終わった。

気がついてみると、0君も腕をあげたのか4匹確保していた。(初めて0君に負けた・・・・・)

なかやnさんもコンスタントにあげていた・・・・・



今回、この2人と僕の釣り方の違いはトータルの仕掛けの重量だ。

釣果と比例するように仕掛けの重量が重たかった。



僕もキャロを使えばよかったのだが、前回、3gのキャロはこの釣り場では中途半端すぎて役に立たなかったのであえて使わなかった。
もっともっと重たいキャロが必要だな・・・・・

ここ最近浅場の釣りを重視していた結果だろうな。
だいたいキャロが必要な状況にはあまりならなかったし。



今回は「スタートダッシュに失敗すると釣果がいまいち」という昔からのジンクスにやられた。
釣果がいまいちだったが、僕の欠点が浮き彫りになった。


強風で深場の釣りに対応できる仕掛け、釣り方の準備ができていない。

フロートで強風、表層、中層の釣りは視野に入れていたが、本当の深場は考えてすらいなかった。

「3g?重すぎでしょwwこれだけ重量あったら2、30mくらいの深さ大丈夫だよww」

なんて思ってました。







鬼の目が怖いので、とりあえず月が満ちる今から1週間家でおとなしくしときます。
深場対策を検討しながら。







ajinngu 5 18


手前4匹のアジが0君にもらいました。
ほんと腕あげたな0君・・・・・
先生は嬉しいよ(涙)

海に裏切られる男二人旅

2013年 05月17日 09:40 (金)

宿毛でフカセをしても餌すら取られず


もう宿毛の陸っぱりは厳しいようだ。

渡船屋は儲かっているようだが・・・・ 


餌が取られないなら、餌取りが嫌で見放した宇和島湾でやってしまえ!?
ということで明浜のとある堤防にてフカセとアジングに先輩ことゆずさんと出かけた・・・・

今回は夜釣りもする予定なので昼からの釣行だ。


最強の餌取り対策、コーンを携えて・・・・




しかし、宇和島湾の餌取り集団・・・・
舐めてました。

去年一年間、餌取りと縁のない釣りをしたお陰もあり
棚にたどり着くまでに餌をとられる。

コーンすらもベラちゃんに取られる。



アジの魚影もあり時折アジングをするが、ルアーのシルエットがハッキリしすぎるせいか
もしくはこちらの姿を見て、ルアーを見きっているのかどんどん避けていく。

いつの間にか地元猫がロッドケースの上で寝てる。


気にせず釣りしていると

ガリッガリッ



ん?

ロッドケースで爪研いでやがる・・・・
どけるのもなんか可哀想なので撫でて

頼むからやめてチョーダイ!

猫は目を細めて首を伸ばしてうっとり・・・・

ガリッガリッ

爪研ぐのやめないの!?


ごめん!
さすがにロッドケース持ち上げて退いて貰う。


猫は渋々退いてのそのその帰り、チラリと振り返り去っていった・・・・・







昼間はお手上げ状態。



一生懸命試行錯誤している内に日が暮れた。
まだ撒き餌が余ってるのに・・・・

気合い入れすぎて買いすぎたな。



いつの間にか魚っけもなくなったので、好釣と噂の釣り場に移動!!


着いたのは夜8時ごろ。


南側の突端を見ると定位置になかやn発見!!

コーヒー買って突撃!!


話を聞くと、まだ、群れが入ってきていないようだ。


取りあえずジグヘッド1gからスタート。

だけど海を這う風にやられて仕掛けが入らない。

1.5gに変えるも、重さ的に違うみたい。


ロッドをもう一本持ってきてキャロにする。

取りあえず3gのピノキャロを付けるも潮無視して振り子状に足元にやってくる。

ボトムに入れようにもPEが吹かれて糸を送れない。

やはり潮に乗せないと・・・・
自分の釣りができない!!


フロートリグに変更。

ぶっ飛びロッカー SS のMサイズを装備。

ある程度仕掛けを入れるためにノーシンカーフックに3Bを咬ます。


なかやnさんはMキャロ8gでアジを仕留めている。


取りあえず遠投をして糸を出さずに馴染むまで待つ

ラインメンディングのつもりでシェイキングや軽いトゥイッチ、軽く持ち上げなどをする。

その後糸を緩めないようにロッドを縦に固定。

カーブフォールをさせつつ潮に流す。


4セット目くらいで

ガツッッ


のったーーー!!


取りあえず安心。

ワームは34 メデューサ にじ




そのうち風も収まり軽い仕掛けが入るようになってきたので

jh単体の1gでワームをメデューサにじ


だけど次がない。

ティクトの新色、新ワーム、メタボブリリアント チャーゴー(チャートゴールド)を付けてみる。


これで3匹追加。



気がつくと10時半。

ゆずさんも釣りをしながら寝だしたので納竿。
















その後なかやnさん、僕たちが帰った後で爆釣したようです。

この時期はアジの活性が上がるのがだいぶ遅い時間になるんだなーー

再度、明浜アジング!!

2013年 05月13日 00:30 (月)

前回に引き続き明浜にアジングに行ってきました!

今日は先輩を連れての釣行。


日曜日と言うこともあり各地の一級ポイントはすでに先客がいました。

偶然空いていた堤防は軽く探ってみるが魚っけがない。

空いているところを探しどんどん北上した結果、前回と同じ堤防にたどり着きました。
先輩と車の中で晩飯を食べつつ釣り人を観察するが、釣れている様子はほとんどない。

なかやnさんの姿を見かけたので様子を聞くとあまりにも釣れないから帰ろうかと思ってたらしい。

僕の直感では日が暮れたらおそらくほとんどの釣り人が諦めて帰る予感がしたので、取り合えず外灯がつくまで粘ることに。

空いている隙間が堤防の不人気な付け根しか無かったのですが、ここで釣ればすげーなと思ったので考えられるパターンを片っ端から攻める。
するとアジらしきものがヒットしたが、バラしてしまった。

そんなこんなしているうちに日も暮れ、外灯が付いた。
予想通りズラズラと釣り人が帰って行き、沖側の突端が空く。

その隙になかやnさんと一緒に突端を陣取った。
これで釣れれば粘り勝ちだ。


つい先ほどまで先客が表側を投げていたので、場を休ませるために裏から探る。

潮に0.6gのジクヘッドを乗せて左沖に流し、次第に右沖に流れる。

ここでヒット!!

結構いい型のアジだった。

針を外してなんやかんやしているうちに釣った立ち位置に先輩が立っていたので、先ほどまで先輩が投げていた場所で投げる。









そっから先は非常に気難しい釣りだった。
同じパターンがほとんど連続して食わないのだ。

仕掛けを重くしたり軽くしたり、ワームを変えたり、パターンを細かく変えたり。

とにかく考えた。

疲れた・・・・

なんとか七匹ゲットできた。



多分今のアジは神経質なんだろうな。
同じパターンで連続ヒットがアジングの醍醐味なのに、同じパターンじゃ食わない。

サビキで釣れにくいのもこういう傾向が作用しているんだと思う。

 


さてと、次は宿毛でチヌ釣りか・・・・

速攻の明浜アジング!!

2013年 05月12日 00:20 (日)

仕事が夕方に終わり、晩飯を食べて、明浜へ車を飛ばした。

家を夜7時前に出発し、目的の釣り場には8時過ぎについた。



土曜日なので混んでいるだろうと予想したが、意外と空いていた。

ちょうど沖側の突端の釣り人が帰り始めたのでラッキー♪と思いつつ突端へ足を速める。


外灯下のいいポイントが開いていたのでそこで投げようと向かうと、ちょうど明かりが届かないベンチでゴロゴロしている人が・・・・・・!!

なかやnさんです。


びっくりしたーー。まさかそこに居たとは思わなかった・・・・・

話を聞いてみると今日はいっさい釣れないとのこと・・・・・

海を覗いてみると確かにいつもの海とは様子が違っていたが、潮が目の前で溜まっているみたいだった。

まぁ投げてみて、とのことなので投げてみた。

仕掛けは前回と同じ

JH1g
ワーム 34メデゥーサぎん


表層から階段状に落とし、階段状に持ち上げてほぼ足元にきた。



竿先に軽ーくのしかかってくる違和感。



テンションを張る。
ドラグが走る。
なんかアジが釣れた。



あるぇーーーー?

今日は釣れないんじゃ?

もしかしたら稀にあるサビキに喰わない日なのかな?



するとなかやnさん、アジが欲しいとのこと。
なるほど、ヤエンの餌がなかったのか。

なんかまだまだ釣れる雰囲気があるので気前よく譲り、再キャスト。
同じようにもう一匹追加。

まだまだ行けると思いさらに譲る。

その後3投後にさらに追加。

まだまだ譲る。



さすがにスレたのか、もしくは潮が止まったのかアタリが消えた。


パターンをいろいろ変えて探りを入れていると


「こんばんわ~~。つれますか~~?」


振り返ると見覚えのある顔が・・・・・
まさかまさかの同級生が登場。

思わず
「なんでお前がここに居る・・・・!?」

言ってしまいましたww

この同級生を「トトロ」とここでは呼ぶことにする。


トトロは弟とその連れを連れてやってきたようだ。

トトロは投げないらしい。

ほんとこんなに地元から離れた場所で地元の顔見知りと出くわすとは思わなかった。


トトロが僕の横に来たため余ってる竿で投げないか?と提案したが嫌らしい。


そんなこんなしているうちに一匹追加。
これはちゃんとクーラーでキープ。
釣れることを証明したので、このタックルをトトロに半ば無理やり渡し、あらかじめセットしておいたフロートリグのタックルを手に取る。


とりあえずトトロにレクチャーをしつつ、フロートを操作。

ちなみにこのフロートはアルカジックジャパンのぶっとびロッカーssのsサイズ
針はⅤ.R.hookにガン玉4号を噛ます。
ワームは34オクトパスぎん


これをシェイキングでラインメンディング+リフトアップした後、ラインテンションを張らず緩めずでドリフト。

これで2回アタリがあり、乗ったが、リールのドラグを硬くしすぎてばらす。
再度ドラグを調整しキャスト。


今度は取れた。


トトロは竿を連れの子と交換しながら投げて、連れの子がすぐにL字パターンを再現していて(こりゃ釣れるな)と思ったとたんヒット!!
トトロは「なんでつれるんよ~~~」
と嘆いていた。

竿を返してもらったあと、トトロが投げていたところをその竿で探る。
2投目で釣れた・・・・・・

おそらくワームの動きがイメージできないんだろうな・・・・・


そんなこんなでトトロたちは帰るというので裏道を教えるべく、一緒に納竿。
時刻は夜9時半。
もうちょっとやる予定だったけどまぁいいか。



なかやnさんお騒がせしました。
元気があれは明日もいきますね~~~!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。