05月 « 2017年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一週間のダイジェスト!!

2015年 01月16日 22:05 (金)

どもども、この1周間あちこちから(主にO氏)釣りのお誘いを受けてほぼ連日釣りに行っているきゃべつです。
写真はありませんが大まかな1周間まとめを書いていきますね!!

月曜日、前回記事の2日後ですね。
朝、突然O氏から釣りのお誘いがあり昼からヤエンにいってきました。
ヤエンに味をしめたO氏、どっぷりとヤエンに浸かりこんだというより飛び込んだようです。
釣り場は前回釣果のあった釣り場。風が吹き荒れていますが風裏になりかけているので釣りにはなりました。

釣りを開始し2時間、アタリがなかなかやって来ませんが干潮時刻直前になりやっと潮が動き出すとO氏に1発目のアタリ!!
前とは違い落ち着き妙なオーラを放っている。
そしてヤエンを投入。
なぜかヤエンが水面直下でとまる。
ここでO氏焦る。
タモを片手にもったオイラはコレしか言うことがなかった。

「空中に出たらちゃんと落ちるんだからとにかく丁寧に寄せるしかない!!」

ってことでゆっくりと寄せてくる。
その間にオイラは疲労でくたばったアジを付け替え投げる構え・・・・・・とO氏の方をみるとイカが視認できるところまで寄せていた。
アジを投げるのは諦め竿下に垂らして海水につけて置く。
竿からタモに持ち替えアシストに向かう。

そしてバラした・・・・・・

まだチャンスがあるかもと急いでヤエンを外し投げなおすO氏。
それを見届けオイラも竿に持ち変える。


ずし



なんか重たかった
よく見てみるとO氏がバラしたイカと同じ大きさのイカがオイラのアジを抱いていた。
迷うことなくヤエンを投入しゲット!!
胴長20cmだった。
O氏が寄せてきたイカだったので彼に渡して気を取り直して再スタート!!

ネタとしてはこれがピークでした。
これの少し後にオイラにもアタリが来て難なくゲット。さっきと同サイズでした。
んで間髪おかずに2回ほどアタリが続いたのだが痛恨のバラシ。

夕マズメに期待したが続きはなかった。
代わりにISSの輝きとだるま夕日が見れました。

2015-01-12 171927
激写したけどそれっぽく見えたのこれだけ・・・・・・



次の日。
O氏ではなく0君から「アジングに連れて行ってほしい」との要請があり行ってきました。
彼も久しぶりの登場ですね。

明浜にナイトアジング。
最初はデカいの釣れると噂の堤防に乗りました。珍しく人が1人しか居ませんでしたからね。
でも人が居ないのには理由がある。
ド干潮だったのだ。
んで1人だけの釣り人の立ち位置が微妙に他の人が釣りにくい感じ。
その人はテトラを超えてカゴを遠投していた。尺近いアジもポツポツあげていた。
釣り易い内側でアジングをしようと思っていたのだがロープの配置でその人の真後ろに立たないと投げにくいのだ。
遠投カゴやってる人の真後ろで釣りは危ないので干潮でテトラがかなりむき出しで釣りづらい突端で投げたのだがやっぱり釣りづらい。
後ろ髪引かれる思いなのだがせっかくのゲストが釣りにならなくなっていたので移動。
とりあえずここのところアジの数釣りはできるオレンジ外灯が効いた堤防に。

ここであることに気がついた。
0君防寒が少し甘い。
最近Workmanで新しく防寒着を買ったオイラはあまりの暖かさに寒さを忘れていました。
見るからに竿先が自動的にシェイキングをしている。
ここは目標数を設定してさっさと帰ろう。

目標数は2人で20匹。

とりあえずコーヒー買ってあげて温まってもらう間にいろいろ雑談。
飲み終わると気合を入れて・・・・・
9時回る前にすんなり釣れた。
アジは0君に全部上げました。



次の日、大佐殿と実験的な勢いで明浜に遊びに行きました。
前日と同じ場所に。

釣りはサビキとヤエンとエギングとアジングと・・・・・・・
開始早々アジはかなり釣れた、サビキで。

あまりにもなんの工夫もなく簡単に連れてしまうサビキ。
改めて釣りとしての完成度の高さを確認した。
そしてある程度アジの活性を上げると餌がいらないことを大佐殿が証明し、そして自作環付きウキでのウキ止めなしのサビキをスタート、投げて張って待つだけなのだが器用に釣っていた。

ヤエンの方は表でエソ&エソにやられバックラッシュww
泣く泣く猫にまとわりつかれながら解くが直せなかった。
ラインが大量に減ってしまった。ためしに裏側に投げてみるとすっごいちっちゃいのが乗った。
全く走らない、竿先がほわほわするだけ。
寄せてきてヤエンを投入するがカンナがかからない。
ヤエンって小さすぎるとフッキングしにくいのかね?
しかもかなり時間かけてやりとりしているのにアジがまだ生きている。ちゃんと頭はかじられてはいるのだが。
小さすぎると食うスピードも違うのかな??

3度目のバラし
ここで見かねた大佐殿カスタム極小エギを持ちだして援護に来てくれた。
ヤエンで食ってくる位置をオイラが指定し大佐殿が探る。
するといとも簡単に乗った。

すごくいい笑顔だった。

そして釣れたのは良型のケンサキイカだった。

去年に続き陸っぱりでケンサキイカを釣る大佐殿、さすがです。
どうやらこれからのノルマになりそうですね??毎年1月に陸っぱりでケンサキイカを釣る。


そしてその2日後、Aging Labo2ndをみたオヤジ。
デイアジングがやりたいと活性があがってきました。
昼からヤエンの餌を供給すると約束してくれたのでみゃーに行ってきました。
僕はフロートで駆け上がりを全層探り。
いとも簡単にアジ1匹目。
連チャンあるかもと再現してみるけど2匹目はなかった。

釣ったアジを泳がせイカを狙う。

アタリ待ちの間フロートで追加のアジを探る。
時々変な方向に泳ぐので修正してフロートを投げる。

でも次がなかなか来ないのでオヤジの集中を乱すために話しかけまくる。
ふと竿から意識を外してもらうとオヤジがアジを釣っていた。

って感じで忘れたころにアタリがやってくるアジさん。
お互い2匹づつ計4匹で終わりです。

え?ヤエン?あぁいつもここで泳がぜしている人にここは夜しか釣れんよと言われてなんか興ざめしたので片付けて帰りました。
その後アジングしても良かったんですけどあの人お決まりの立ち位置がいい感じに堤防の外灯下で釣りしている人とクロスするんですよ~。
釣り座は大きく離れているのにお互いに干渉する、まぁどうしようもないのであの人がいたらいつも退散しています、はい。



で、釣りをしているとO氏から電話が合って「明日宿毛いかん?」て
天気もパケホなしガラケーの僕には出先で見れないのですがあの釣り場なら風裏だから大方大丈夫だろうとOKしました。

帰宅してしっかりと天気予報見ると・・・・・・


20150116220121008.jpg

宿毛は少しだけましだが風速10mの予報・・・・・・・
即NGの電話です。
すなおに今度予定している火曜日に行きましょうね♪

んでとりあえず言いたい。
O氏、iPhoneでしょ?自分で天気予報みて判断しましょうぜ!!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2015年01月16日 23:29

とりあえずお疲れさん!!
ゆっくり休んで
そして火曜日・・・・・まだこっちも予定わからんが、
お互い休養、仕事のノルマ果たして行きましょ

未だ持っていくタックルに迷いが・・・・・・・・
例の護岸ということで
とりあえず使用ロッドはMAX3本
エギング(即決定)
サビキング? これをシーバス用でこの間のウキを使っていくか・・・ライトタックルの月下美人インフィートでジグサビキにするか(一応ウキ使用可)
↑両方持っていくか、どちらか1本に絞り
ジギングもって行くか、遊び用の穴釣り(ベイトタックルです。対象魚→主に根魚、この間買ったダーティンハリーと買ったはいいがまったく使用したことがないワームの有効活用での穴釣り)

3本
迷うなーーーーーーーーー

No title

2015年01月17日 03:16

おっとえいこと!うらやまぁ

Re: No title

2015年01月17日 10:09

大佐殿お疲れさまです。
この間教えてくれた大月エギング番組でやってた釣り場が気になってそっちもいーなーって目移りしてます。2時間コースですが;^_^)
それに人が多そうな雰囲気もプンプンしてますし悩ましい限りです。

あの釣り場ならエギングとシーバスorジギングでのミノーイングかジグが面白そう。
もちろんジグサビキも視野に入れて。

Re: No title

2015年01月17日 10:10

ゆきたかさんどもです!
シシトウの時期になると昼に暇がないですからね、釣り貯めです!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。