09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジング流全層釣法

2014年 07月23日 00:19 (水)

KIZAKURAさんが提唱している全層釣法。
オヤジが全層バカなのでかなり僕も影響を受けています。その証拠にARUKAZIKばかりww

実はこの全層釣法かなり便利でして、文字通り海の「すべてを探る」という意味の釣り方なのですが、ここだ!!と思ったところでラインを張ると「決めた棚を探る」という2面性を持っています。

全層釣法入門 公式を参考にどうぞ。

オヤジについて全層釣法でのフカセ釣りを真面目に始め、ある程度慣れた頃にふと閃いた。

全層をアジングに流用すればかなり有効では?

全層の特徴がすべてを探るなら、レンジがしょっちゅう変わる鯵を探すには持ってこい。
ではどうすればアジングで全層ができるのか、試行錯誤した結果1つのパターンに行き着きました。

YouTube 柴原理論
少々長いので時間があるときにどうぞノシ

KIZAKURAフィールドテスター柴原啓二さんの理論がを参考にしました。

動画以外の参考資料がなかったのでまだ見ていない方は後で見て補完してもらいたいのですが、柴原さんの全層は水平ウキを非常に軽い仕掛けごと沈めて潮に流し、目当ての棚に来たら「張って」「送って」を繰り返すやり方です。もちろんそのスパンは非常に長く1分近く張って、送ってです。もちろん臨機応変に長さは変えてるはずですが。
張って送ってを繰り返すと張った時に浮き上がった餌がラインを送った時にすっと動き、同時に踊るのだそうだ。

これをアジングにするには「張って」「送って」の「送って」を「緩めて」つまりフリーフォールにすればいい。

ルアー用語で言うなら「カーブフォール」「フリーフォール」の繰り返し。
けどこれじゃあルアーとして扱うパターンには癖がありすぎた。
だって引っ張る要素が存在しないのだからすぐにフリーフォールさせるだけのラインスラッグ(糸ふけ)がなくなる。
ラインスラッグがなくなるから糸を送らないといけない。糸を送るにはオープンベール主体の釣りになる。
オープンベールだと食ってきた時にスプールを抑えたまま合わせ、すぐにベールを戻さないと巻けない。

つまり、磯フカセ師がよくやるあの独特の持ち方で対応することになった。

これには本当に苦労した。ルアーロッドでは溜めが足らずにベールを戻すタイムラグでバラしが連発。周りと比べるとアタリの数は圧倒的に多いのだからちゃんと効果はあるのだが、獲れなければ意味が無い。

結局このカーブフォールを使用したアジング流全層釣法は着水後のカウントフォール中のアタリを取り、かつ仕留めることが可能という程度の補助的扱いになった。
(今では慣れたのでアジングの大きなスタイルの「巻く釣り」「巻かない釣り」に「送る釣り」として追加し、自分の中では確立してやっている。)

しっかりとアタリを取り、かつ全層とまでは言わないが幅広いレンジを探るにはどうするべきか・・・・・

そんな時、「水平フォール」というアクションを耳にした。
どういうものか、調べ、実践した結果。
 カーブフォールで弧を描きながら落ちていく早さだけ竿先を持ち上げると水平に落とすことができる。
ということが理解できた。

この竿先を持ち上げるという動作に着目。
竿先を持ち上げた後、下ろせばラインスラッグを確保できるではないか!!

つまり「水平フォール」「フリーフォール」を繰り返すだけの動作。去年の5月あたりから度々出てきたワード「階段落とし」だ!

ちょうど同時期にARUKAZIKさんの方で「ステップフォール」というパターンを提唱しているが横文字かそうでないかの違い位だ。ほとんど同じものである。念のために言っておくがパクってないよ!?うんホントに!!それに気がついたの去年の終わり頃に雑誌見て解説に階段状の線が引いてあったからだもんwwホントダヨ!?


もうイメージは文字通りそのままです。階段状に落としているだけです。
ラインは余分な分だけ巻取りをする巻かない釣り。
どれだけが余分かというと、フリーフォールで落としてそろそろ落としきったかなと思った辺りでラインを張った(竿をゆっくり立て始めた)時に予想よりも竿先に重みが来るのが遅かった時です。
そういった予想とは違う重みはJHが落ちていないこともので想像できることは
 潮が今までと違う場所に入った(潮目)
 何かしらの魚が食った
 途中ゴミやクラゲなどに乗っかった
 ボトムについた
が考えられます。これはとにかく経験して臨機応変に対応してみてください。

この階段落とし、潮を無視する重さ(1g以上)だと階段状に
 潮に乗る重さ(1g以下)だと稲妻状に落とせるのが特徴です。
潮の様子を見て色々試してみてくださいね?


とまぁこんな感じで全層釣法(このブログ上ではフカセとアジングを分けるために後者を全層探りと読んでいます)を流用した「全層探り(送る釣り)」「階段落とし」を基本にやってます。
非常に手返しは悪いですが、鯵が射程内にいれば確実に仕留めることができるので参考になれば幸いです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2014年07月22日 18:52

完全フカセみたいな入れ方みたい!

俺も時々潮通しのいいところでやるとき、
エギをそうやっていれる時があるなーって思ったわ...
深く考えたことなかったけど。

Re: No title

2014年07月22日 19:55

ゆきたかさん、こんな長文読んでくれてありがとうございます!
完全フカセ、確かにその通りです。でも本当の完全フカセって今は絶滅危惧種でしょ?
なんで言うなれば擬似的完全フカセですね。見方によっては脈釣りでしょう。

エギングでも共感できたことがすごく嬉しいです。今まではこの釣り方を理解できたのはオヤジと大佐殿くらいでしたから。
今度意識して試してみてくださいよ!?エギングからの視点も見てみたいなあ~~

それはそうとそろそろ夏休みでは?
明浜、アオリがウロウロして鯵が隠れてるんですよ~~、昨日は大佐殿がアジングでゲソかけたし^^;
なんで仕留めてほしいなぁ~~~

管理人のみ閲覧できます

2014年07月23日 20:41

このコメントは管理人のみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。