09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇和島湾にアジングに行ってきた

2014年 03月28日 23:55 (金)

前回の記事で上げたメソッド(仮)の証明に行ってきました。
あれから時間は立っているけど、前日に三浦半島にフカセに行きサルパ大量発生を確認してきたので条件的には満月週か新月週違いくらいですかね。



ついてみるとのべ竿でアジを狙っている餌師でいっぱいだった。
様子を見ていると釣れている様子はないので少し離れたところで投げた。

サルパは相変わらずいるが普通に釣りができる程度だ。
潮は比較的澄んでいる、足元の敷石が見えるくらいに。
そして回遊で堤防の際を「アジ」が回遊している。

ちゃんといるのに餌師は釣れていない。
観察を続けていると、エサを捕食もしていない様子。
まぁちゃんと食べているなら餌師の撒き餌で足止めができているはずだからな。
一部個体は産卵行動らしい泳ぎ方をしていたし。(おしりとおしりをくっつけてひたすら泳ぐ)
というわけでちゃんといるのに釣れないという状況だったので日が暮れるにしたがって一人、また一人と帰っていく。

日が落ち切る直前、最後に残った餌師が30オーバーを上げて帰って行った。

その直後オヤジが強引な引きをする何かと格闘し、針はずれ。
本人曰く「ちゃんとフッキングできていれば取れたはず」
もしアジだったなら横口にかかってばれたといった具合だろう。
にしてもデカそうだった。

日も暮れ、餌師はみんな帰って行った。

7時30分ごろようやく僕にもアタリが来た。
乗らなかったが。

それから潮に流していると、糸が走ったような気がした。
オープンベールのまま空合わせ。

明らかな生命感。若干無理な体勢からのあわせだったため後ずさりしながら体勢を整える。

上がったきたのは23cmのアジ。


次につなげるためにストマックポンプを使ってみたが何も入っていなかった。

それから30分くらいしてやって時合いになる。

どうやらサルパの下の層にいるらしく、直接落とすと邪魔をされて仕掛けが入らないので潮上からサルパの集団の下に流し込むようにするとそこそこ釣れた。




fc2_2014-03-28_23-04-01-736.jpg


親父のも含め8匹。
この状況下なら好釣と呼べる出来だ。





実は先日行った三浦半島もアジがいるにはいたんだがサルパが多すぎてまともに釣りができない様子だった。
宇和島湾はサルパはいるもののそこまで多くはなく、アジも低活性ではあったがいるにはいた。
やはり、サルパを避けて釣るなら潮通しの悪い淀んだポイントが有効だろう。

もちろんある程度の傾向というだけなので、日によっては大量にいる可能性がある点はご了承ください。


コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。