09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チヌでカウンセリング・・・

2013年 09月06日 21:39 (金)

いろいろあって一日病んでました・・・・・
なんかだんだん訳が分からなくなって、原因を物理的にぶっ壊して、どうしたらいいのかわからなくて、なにも食いたくないし、したくないし、目を開けるのも、考えることも嫌になって・・・・・・


次の日、親父がチヌ釣りに連れ出してくれました。

1日中糸を垂らして水面を眺めているとなんかスッキリしました。



ってことでいきなり鬱な展開でしたが、ここから本題ね!!



今回の釣行場所は宿毛の護岸&堤防。
午前中は堤防に先客がいたのでしかたなく護岸で投げ、午後から空いたので堤防でっていう流れです。



竿出しは8時。


1投目で潮の流れを見て、2投目から本番。

この2投目でいきなりアタリが!!

と思ったらヘダイでした。

だけどチヌが居たら釣れる証。


同じように流そうと3投目。


さっき食ってきた棚より明らかに浅めでアタリ。


とりあえず合わせる。



ぎゅいいいいいいいいいん


っと竿が曲がり、ドラグが走る。


糸は横に走る。文字どうり走る。

なんとか寄せるとメジカ!!

しかし、水面で走るのでなかなかタモ入れができないし、チヌ竿なので抜くのはムズい。

こんなところで腰の弱さが仇にorz

でフックアウト。


まっいっかと気を取り直し4投目。



またメジカが食ってきた。


竿がどうしようもなく伸している。


とりあえず浮かせれたので、今度は泳がれないように頭を水から出してタモ入れ。



 
サイズはないけど・・・・・・しんど・・・・・


チヌ竿じゃなけりゃもうちょっと楽なんだろうけど・・・・
もうこいつの相手はいいや。


そして、アタリがなくなった。







気分転換にエギングでもしてみる。



護岸の方はポイントがぼやけすぎてやりずらいので
後ろにある高い壁の向こう側に回り込んでいく。

ここは基本、岩礁で遠浅なのだが抉れるように切れ目があったりする。


祐子おねいさんのエギパラをずっと見ていて思ったこと。

それは・・・・・・



ここでチヌやりてぇぇぇぇぇぇええええ!!!!



っと思うところで投げている。


要するにイカの釣れそうなところはチヌが釣れそうなってこと。




だからそう思う場所で投げる。

フカセは難しい場所ではあるけどルアーならできる場所。



沖にある岩礁にエギを乗せ、そこからブレイクに落とし、ギャッッッッ!!!






初めて狙って釣ったイカです!!


500? 300?


まぁ親父に自慢してキープ。


クーラーを開けると・・・・・・



親父のブログ



今晩はご馳走だぁ!!!!!




とまた壁の向こうにルンルン♪で行きキャスト!!


手前の浅場にきたので、あと1セットで回収っとシャクるとエギの後ろから襲いかかる黒い触手が!?

無意識のうちに合わせる体制に入り、抱きつく直前のタイミングでシャクる。
ばっちり乗りました。

完全に体が勝手にやりました。

脳内に焼き付いています。

黒い触手がいっぱいに広がりエギに抱きついてくる姿を・・・・・・・





恐ろしい!!



とりあえず食べるぶんは確保♪



今夜はごっちそうだぁ!!!




そして、アタリは無くなった・・・・・・・





またフカセに戻る。


何時間も沈黙・・・・・



昼になり堤防が空いたのでそちらに移動する。

親父はおにぎりを食べに車に入ったけど、ぜんぜん食欲がなかったのでとりあえず釣りをする。



1投目。
いきなりアタリがあった。

合わせる。

20CMくらいの小さいチヌが食ったのが見えた。

回収してリリースだなぁとか思って寄せると、足下のブレイクからメートル越えの茶色い巨体が飛び出し釣れているチヌを丸飲みに・・・・・・・?



はぁ!?



いやいやいやいやいやいやいやいやいや

おかしいって


なにあれ!?


一瞬見えた魚影。

大粒の鱗。

巨大な口。

圧倒的な巨体。




なんだ?


なんなんだ?




考えているうちに強烈な、強引な引きに変わる。


だけどそれも一瞬だった。


運良く?針掛かりしなかった。


あがってきたのはある意味九死に一生を得たズタボロのチヌ。



あまりにあっけに取られて写真撮らずにリリースしてしまった・・・・



あっ チヌはしっかりと生きていましたよ。



そこから海は荒れ、アタリは無くなった・・・・・・・




表がだめならと親父が投げていた内側の横に座る。


親父は良型のチヌをポコポコとつり上げるが、僕にはこない。


親父の餌が切れたので、場所を譲ってもらう。


反応が合った。


釣れた・・・・












見た目だけな。サイズは・・・・・・・聞かないで?

コメントの投稿

非公開コメント

何者?

2013年09月06日 21:56

あなたは アジンガー? エギンガー? チニンガー?

それとも ・ ・ ・ ・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。