10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気がついたら綺麗な月夜だった

2013年 07月23日 12:08 (火)

シシトウに追われて夏バテ気味のきゃべつです。

シシトウにアブラ虫が付きまして、苦労してます。
どうやら様々な殺虫剤に耐性を持っているらしく、なかなか留めを刺せません。

劇薬なので、ガスマスク、ゴム手袋、カッパ上下、長靴と完全装備でやるから熱中症で死にそうです。
冗談抜きで・・・・



さてここから本題。

これからの夏アジング。

産卵も終わりアジも夏バテ気味では無いでしょうか?

これまでのアジングではいかにジグヘッドを潮に流すかが肝でした。

だけど最近それじゃあ釣果が伸びないとのこと。


アブラ虫に心も身体もボロボロにされているので、せめて心だけでも癒されようと夏パターン攻略アジングに出かけました。



とりあえず夕マズメからいつもの軽量ジグヘッドで攻めていきます。

ボソボソと釣れ20cmが2匹、10cmが2匹。

レンジはそこそこ深め。

日も暮れて気がついた。

満月じゃん!?

まっいっか。
釣れないことは無いでしょう。


7時半になかやn氏と合流。

ここからは彼のガイドでポイント巡り。


高い壁の上に2人の釣り人が居る。

とりあえず先端へ。


下段から探る。


ここでなかやn氏ヒット!

なかなかな良型。

僕も続くが単発に終わる。

なかやn氏は壁を登り外向きに投げ、僕は下段からいろいろ試す。

なかやn氏はコンスタントに釣るが、僕は釣れない。

ジグヘッドを見せてもらうと2gはありそうなサイズ。



なので真似る。

ジグヘッド1.5g
これが持ってる最大サイズ。

で、交換している内に群れは去ったようだ。

それから田之浜をあちこち探ったが反応はなかった。

高山方面へ戻ることに。

とりあえず空いている釣り場を覗き、魚っけを探して行き着いたのが

がら空きの釣り場。

見事にスッカラカン。

南側の突端から投げる。



ここで探り方を変えてみる。

今までは潮の同調を意識して釣っていた。

でも釣果は今ひとつ伸びない。

なので完全に無視する。


リアクションバイト狙い。

緩急を大きくする。


水平フォールを長めに取り、スッとテンションを抜いて「垂直フォール」をする。

これで階段を降りるようにいくと、ガツンとイイアタリ!!


来たのは25cm級。

今度は釣れたレンジをキープするために棚までカウントフォールさせた後
水平フォール、垂直フォール、シャクり等でリフトアップの順番で行く。


これで連続2匹追加。


計8匹に。

ここからアタリはなく、時間も11時半と何時もより遅くなったので納竿とした。






今のアジは基本的に食い気は余りなく、ナチュラルに探っても反応は薄い。

だからリアクションバイト狙いでアジの興味を引く釣り方が有効のようだ。



今回は横のダートやシャクりあげよりも、L字に緩急を強めに行くと反応が良かった。

重量級のジグヘッドで素早い垂直フォールでアジにスイッチを入れ、突然水平フォールで直角に止めて食わす。

シャクり無しでリフトアップさせるとよりいいかも。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。