10月 « 2015年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとしたこと

2015年 11月24日 17:55 (火)

最近泣き尺止まりでもどかしい気持ちでいっぱいのきゃべつです。

3連休中2回ほど行ってきましたが、1回目は道具満載のライフジャケットを家に忘れ、かつ目的の釣り場にも入れずで自爆。
2回目はいつもの釣り場のいつもの立ち位置を取れ、25cmオーバーをちょこちょこ釣って さぁ写真撮ろう!と思ったらデジカメ代わりのスマホ忘れている始末。

帰って撮る手段もあったが何かとドタバタして忘れるし・・・・・・


なんだかブログを書きにくい状態。


なので最近ふと思ったことを書く。

結論として「人それぞれでしょ」「単なるエゴだ」と言われたらそれで終わる話なのだが

 最近アジンガーたちのマナーとして俗にいう「豆アジ」「ゼンゴ」などと呼ばれる小さい鯵はリリースしようという流れがある。
いわゆるキャッチ・アンド・リリース。

ちっちゃいのは海に戻しておっきくなってからまた釣りましょう。
って考え方。
資源保護としては正解
でも釣りとしては首をひねる。

見方を変えると
殺すのは可哀想だから逃がしてあげる
ともとれるから。


では釣り本来の考えは?

キャッチ・アンド・イート

釣って食べるである。

少し話が逸れるが、農業をしていて最ももったいないと思うのが「食べられるのに捨てざるをえない」である。
食事をするときに日本では「頂きます」「ごちそうさま」を言うが、初めはこれを調理してくれた人にいうものと理解していた。
でもそれだけじゃなかった
次に理解したのは1次産業の人たちにいうもの。これは自分がなって実感した、自分に言われて実感した。
最後にもったいないと思って理解したのは 命に対して言うもの ということ。

命に頂きます 命にごちそうさま


そう理解したら遊びであるゲームフィッシングの相手の魚にはどう感謝すれば?と疑問に思ったがそう意識したら答えがあちこちに転がっていた。

無理なく食べればいい。

釣ったら何もかも食べるのは行き過ぎ、自分でできる範囲で食べれる範囲で食べたい範囲でキャッチ・アンド・イート。
これくらいがちょうどいいのでは?

所詮アジングで1度の釣行中に釣れるのは20~30匹釣ったら大漁、一桁で終わることの方がほとんど
サビキや餌釣りしている人たちはよく「まだ20匹しか釣ってない」なんていうのに。

同じアジ釣りでも決して餌釣りよりも数を釣ることが原則としてないアジング

だったら、ちっちゃいからリリースしてキープが25cm1匹 渋かったです、よりも
ちっちゃいけど10匹と25cm1匹釣ったから明日唐揚げにして家族で食べよう!のほうが楽しいように見える。


所詮遊びの釣りなのだから楽しんだもの勝ち。

ならば全力で楽しまないと。



ちなみになぜこういうことを書いてみたかというと

「ちっちゃいのだからリリース」と言いながら隣で投げるアジンガー達が居た
僕はこんな事を書く人間なので豆ちゃんだろうが良型だろうがしっかりと締めて持って帰る
それを怪訝そうに見る彼ら
ぼそっと あんなちっちゃいのまで と言ったのも聞こえた。
そんな彼らは20cmすこし足りないくらいの鯵を釣っちゃポイポイとリリースしていた。
彼らは 今日は渋い 移動します と言って去って行った、1匹もキープせずにだ。

僕が彼らに抱いた感想はただひとつ「もったいない」だ。

せっかく釣った鯵がもったいないのではない
せっかく釣ったのに楽しそうではなかったからだ。

これまでちっちゃいのだからリリースのようなことをしていた人と何度も釣りをしたことはあるが、そのように感じたことはない。
おそらく楽しんでいたからだと思う。



楽しくないゲームってただの苦痛だよね。

どうせ遊ぶなら楽しくないと。
自分に嘘ついてまで遊びたくはない。
持って帰りたいなら持って帰ればいい、リリースしたいならすればいい。
どこまで行ってもそれは自己満足で終わる話。
遊びってどこまで行ってもいい意味で自己満足の世界だから。

最後に
 
 自分に嘘をついてまで貫く流儀なら捨ててしまえばいい
遊びなんだから苦痛はいらない
 気に入ったものがあったら拾ってみればいい
合わなければまた探すだけ
 自分に嘘をつかなくなるまで藻掻けばいい
振り返ればそれすらも楽しいから





ではでは
所詮遊びだからこそ真剣に遊びたいただの遊び人からでした。
スポンサーサイト

雨が上がるとやはり騒ぎ出す

2015年 11月17日 12:07 (火)

どもどもきゃべつです。

予想通りオヤジが騒ぎ出しました。

ってことで行ってきました、オカンに白い目で見られながら((((;゚Д゚))))




さっそく結果からどーーーん


20151116 211236

20151116 211255

良かった今度は見切れてない。

27cmを含め25クラスが5匹

20cmクラスがたくさん


なかなかいい感じです。

オヤジは25クラスが釣れなかったとボヤいていまいたが、どう見ても「鯵が避けていく病」に感染してます。

近寄ってくるとなぜかアタリがぱったりと止むんですもん・・・・・・・

ちょっと前までの自分を見ているようです。

もしかすると誰かにうつすと治る設定なのかしら??



状況は序盤ライズだらけで高活性状態。

良型から小型まで連チャンはしないもののちゃんと考えてやれば釣れる非常に楽しい難易度。

中盤から後半は理想的に流れていた潮もぱったりと止み、アタリも激渋になってきました。


そんな時に同郷の郵便局のお兄さんがアジングにやってきた。

良型釣れていることを教えると急いで道具を準備しだした。


しばらく粘っても小型が思い出したようにしか釣れない。


夢を追いかけて良型が居るであろうポイントを探るが潮が流れないところはうんともすんとも言わない。


ふといつも見向きもしない突端の潮を覗いてみると、そこから沖に向けて流れている。

もしやと思い、潮上にキャスト
そこのボトムは砂地のはずなので着底させてボトムステイ。

敷石の近くまで持ってくるとズシッと来た。


で上がってきたのは上の27cm

そこで僕たちはあがることにした。


郵便局のお兄さんは僕が釣った場所で夢を追いかけていた。


またどこかで一緒に釣りましょう!


「心が叫びたがってるんだ」

2015年 11月14日 23:07 (土)

多分?ネタバレあり注意

続きを読む

鯵が避けなくなった

2015年 11月13日 20:34 (金)

どもども、きゃべつです。

この間美容院に行ってきたら「五郎丸にする?三郎丸にする?」と聞かれたので「ゴローちゃんで」と答えました。
三郎丸って一体誰??


そんなこんなで最近調子が良くてオヤジが連れて行けとうるさいのでまた行ってきました。

今回は(も)さっくりと行きますよ!



20151112 205813

20151112 205745

20151112.jpg

26.5を筆頭に結構釣れました!
しょーじき楽しかった♪
ってサイズの画像見切れてるぅ

なぜかメバル?と思っていたらキントキダイが釣れてびっくりです・・・・・
とりあえず食べてみようということで2匹だけ持ち帰り、煮付けにして味がしみるのを待っています。

こりゃー雨が上がったらまた連れて行けとうるさいんだろうな~~~~

やっと巡り会えた理想

2015年 11月08日 22:43 (日)

どもどもきゃべつです。

釣りに行けども行けどもまともな群れに遭遇できなくて、辛い釣果ばかり。

でもやっと巡り会えました。


20151008 203937


25cmを筆頭に20cmが平均。

はじめのうちは表層ばかり流れていて、アタリもまぐればかり。
完全に運任せ。

でも根気よく探り続けると中層が強く流れ始め、だんだん得意な雰囲気に。

その部分をねちっこく探ると、ふっと抜けるところが見つかる。

そこでラインを緩め張るとずしりとのしかかる。


めっちゃ面白い!


1つ1つの手がかりをつなげてやっと釣れる1匹。

まぐれで釣れたのより断然面白い釣った釣り。

やっと本腰入れて通えそうです。

今年は数は全然釣ってないですしね~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。