06月 « 2014年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある日突然

2014年 07月30日 20:50 (水)

釣りが上手くなるシリーズのアジング・メバリングを見つけちゃいましたww



書店に注文するのも何なので偶然ばったりと出会えたら買おうと心に誓ったこの本。
ついに会えました(゚Д゚)!?

書店で見つけて即手にとって10秒ほど買うかどうか考えていると隣に青年がこちらをジッと見つめている気がしました・・・・
その時は何も気にせずレジに向かいましたが、今思えば彼も買いたかったのかもしれません。


そういや前にゆきたかさんにお勧めしてたんだけどもう手に入れたのかな?

僕はかなり今更感満載です(*´▽`*)
スポンサーサイト

年間アジング予報in明浜

2014年 07月29日 11:00 (火)

まだ明浜に1年と半年しか通っていませんが、1年を過ぎてアジングの傾向が大まか予報できるようになったので1度まとめておきます。(精度はまだまだです)

1月:昼に北寄りの風になると澄み潮になりやすい。避けるのが無難。
   逆に南風になると潮が黒くなり、好釣果が期待できる。北風の場合は北向きのポイントが良かった。

2月:1月とほぼ同じ傾向だが、産卵前の荒食いで良型が接岸している。真向かいの三浦半島が釣れ出すと明浜は渋め。

3月:こちらの記事で紹介しているのだがサルパが大量に湧く。
   この場合暖流の影響を受ける釣り場は絶賛増殖中なので避けるべき。もし鯵が居ても餌が豊富すぎて鯵が満腹状態だ。
   また、潮流に乗って大移動をするので大潮だと潮通しの良い釣り場がサルパを避けやすく、奥地ほど溜まりやすい。
   その逆で小潮ほど潮通しのいい場所で大量発生し、奥地ほどサルパが居ない。

4月:小イカ(生まれたて)がウロウロしだす。
   明浜では完全に産卵に入り、爆釣するタイミングと全く喰わないタイミングの両極端な状態になる。
   アミパターンになりがち。

5月:明浜が本領を発揮する時。
   各ポイントで数、サイズともにどんどん上がっていく。
   5~7月あたりまでこれが続く。また、雑誌等で紹介されやすい時期なので非常に混みやすい。
   アミパターンに偏りがち。
   また、アフターもちらほら釣れ出す。
   藻が大量に生え出す。そういった場所でイカもちらほら・・・・・
 
6月:5月とほぼ同じ。ほぼアフターに入れ替わり体高もあり脂がのってくる。
   5月と違うのは表層にはあまり居ないこと。ボトム付近でシラスやゴカイなどを追っかけている。
   割とシャローエリアが有望。
   同じくシャローエリア(藻が生えている)ところでイカも好釣

7月:6月とほぼ同じ傾向。
   切れた藻の下に良型が隠れていることが多い。
   また、アオリ、サバ、カマスなど魚種が豊富になるので
   鯵がビビってしまう状態になると堤防に張り付くなどの傾向がある。
   イカの新子がエギを抱けるくらいのサイズになりつつある。外灯下に群れているのを見かける。

8月:2年生、3年生たちが離岸する。
   豆アジが主に釣れ出すと離岸した証。
   マイクロアジングになってしまうが、
   表層の豆アジに騙されずにその下の層を丹念に根気強く探ると良型が出てくることもある。
   8月後半あたりから秋イカが始まる。

9月:1年生たちが20cm未満まで育つ。
   数釣りが期待でき、エギング、アジングともに初心者にも優しい季節。

10月:限りなくアミパターンになる。
    フワフワと探るのが肝。
    イカ狙いの泳がせがたくさんいるのでA級ポイントは避けるようにすると意外なところで爆釣する。

11月:釣れなくはないが、という季節。
    北風に偏り気味なので1月と似たようなパターンで行くといい。

12月:北風によって澄み潮になりやすい。
    こういう時は真向かいの三浦半島に行くと?爆釣したりする。



といった具合だ。その時々の詳しい傾向は出来る限り紹介しているので過去の記事を参考にしてもらいたい。
文章力がないのでわかりづらい記事で申し訳ない。
それぞれコメントで質問してもらえば分かる範囲で返答します。また要望があれば「こういう情報がほしい」なんてのも受け付けています。

気軽にどうぞノシ

オヤジの活性が上がったようです!!?

2014年 07月27日 12:03 (日)

noriさんとの釣行後、オヤジが活性化してきました。
「ワシも連れて行けぃ」

まさに我が家のおバカ担当の金魚ちゃんのようにハイテンションです。

20140727 105847

金魚って砂利に突っ込む時、結構勢いよく行きますよねw
遠くに居ても突っ込む音が聞こえるほどに・・・・・

とまぁ高活性なオヤジがバタバタしているので連日ですが明浜へ行ってきました。
休日なので人が多いかと思いましたが、ここはガランとしていました。
なんか同郷の人っぽい先行者が居ましたが、話しかけても基本無視されました。

8時前になっていつもの近所のおっちゃんがやってきました。
今日は特に近かったです。同郷の人?との間に入ってきたので・・・・
そして、竿が完全に僕を横切ってきて釣りを妨害されました。
僕もムキになったのがいけなかった・・・・
おっちゃんの竿の胴辺りに僕のワームが絡まりましたww

最終的におっちゃんが悪態ついて帰って行きましたが頭に血が登ってました、はい。
反省してます。



おっちゃんが居なくなってから僕のターン!!
あれだけ釣れなかった鯵が釣れ始めました。
サイズは25cm


根本はずっと潮がふらついていてシイラもやって来るし釣れ続かなかったので突端の側面に立つ。
オヤジが移動したそうにウズウズしているが、半分無視。粘ります。

もう帰ろうかと考えだす10時ごろ、足元ボトム付近でコツッってアタリあった。
それを苦労して上げるとやはり25cmの鯵、でっぷり太ってますww

それを4匹釣ったあたりでアジングのかた2人来られたのでいい機会なのでバトンタッチ。
今釣れているパターンを引き継ぎして帰宅した。

20140727 000006

豆も含めて8匹でした。

前半のおっちゃんのこと、オヤジが釣れていないことをスッカリ忘れて楽しんでいました。
ホント、極限の難易度を攻略できたらこれ程楽しいことはない!!
(後で聞いた話、他の所はネンブツダイラッシュだったらしいです)

帰りの眠気がやばかったが満足できた。

うん、後はロッドを新調するのみだな。
今のスラムutr67smr はグリップが段々違和感出てきたし、持ち重りも気になってきたからね・・・・・
次はワンピースでスラムutr61one lgd が狙いだね!!
財布のヒモ、緩まないかな~~?

猛暑になりました、釣りも暑いです(物理)

2014年 07月26日 11:44 (土)

noriさんのお誘いで明浜アジング行って参りました。
道中、救急車とすれ違い、釣りをしていると救急車がまた病院に向かって行きました。
近所の方に話を聞くと熱中症だそうです。トラックの中でおじいさんが顔を真っ赤通り越して黒くなっていたそうな・・・・・・


にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
猛暑続きですが、無理せず適度に水分をとって楽しく釣りをしましょう!
ついでのワンクリックよろしくお願いしますm(__)m


僕は早めに出ることが出来たので7時竿出し。noriさんは8時からです。
まだ日がある内はカマスの猛攻でブチブチ切られましたが釣れなくなってからはコンスタントに20cm前後の鰺をゲットできました。
そしていつものオッチャンがやってきてホントのホント、正に僕の真下を釣り始めた・・・・
もう慣れました。無視して構わず釣ります。

そんなときnoriさん到着。
早速1投目から豆アジだがサクサク釣りだした。
9時を回った辺りでピタッと止まった。うん、いつもどうり。
こうなると再び釣れだすのはしばらくしてから。
突端に移動している可能性もあったが既にカゴ釣りがはいっているので素直に移動。

角の広っぱにアジンガー御一行が居ましたが密かな穴場は空いていました。
ささっとそこに入って探る。
23cmを2連ヒット!
これは行ける!!noriさんに釣ってもらおうと場所を譲りパターンの確認のためウロウロ(゚ω゚)

皆さん明かりの下に集中していましたが明るい所にはアジが居ませんでした。
居るのはネンブツばかり。
明かりから外して暗がりを狙うと釣れるようだ。
しかも手前の方。
だから探るルート上に明かりがあったらいけない。

noriさんも少し時間がかかったが良型をゲットできたようだ。良かった(´▽`)

10時になると反応が無くなったので後は釣り場紹介というか下見で各釣り場を見て回った




大小合わせ11匹でした!
noriさんまた行きましょうね(≧▽≦)

アジング流全層釣法

2014年 07月23日 00:19 (水)

KIZAKURAさんが提唱している全層釣法。
オヤジが全層バカなのでかなり僕も影響を受けています。その証拠にARUKAZIKばかりww

実はこの全層釣法かなり便利でして、文字通り海の「すべてを探る」という意味の釣り方なのですが、ここだ!!と思ったところでラインを張ると「決めた棚を探る」という2面性を持っています。

全層釣法入門 公式を参考にどうぞ。

オヤジについて全層釣法でのフカセ釣りを真面目に始め、ある程度慣れた頃にふと閃いた。

全層をアジングに流用すればかなり有効では?

全層の特徴がすべてを探るなら、レンジがしょっちゅう変わる鯵を探すには持ってこい。
ではどうすればアジングで全層ができるのか、試行錯誤した結果1つのパターンに行き着きました。

YouTube 柴原理論
少々長いので時間があるときにどうぞノシ

KIZAKURAフィールドテスター柴原啓二さんの理論がを参考にしました。

動画以外の参考資料がなかったのでまだ見ていない方は後で見て補完してもらいたいのですが、柴原さんの全層は水平ウキを非常に軽い仕掛けごと沈めて潮に流し、目当ての棚に来たら「張って」「送って」を繰り返すやり方です。もちろんそのスパンは非常に長く1分近く張って、送ってです。もちろん臨機応変に長さは変えてるはずですが。
張って送ってを繰り返すと張った時に浮き上がった餌がラインを送った時にすっと動き、同時に踊るのだそうだ。

これをアジングにするには「張って」「送って」の「送って」を「緩めて」つまりフリーフォールにすればいい。

ルアー用語で言うなら「カーブフォール」「フリーフォール」の繰り返し。
けどこれじゃあルアーとして扱うパターンには癖がありすぎた。
だって引っ張る要素が存在しないのだからすぐにフリーフォールさせるだけのラインスラッグ(糸ふけ)がなくなる。
ラインスラッグがなくなるから糸を送らないといけない。糸を送るにはオープンベール主体の釣りになる。
オープンベールだと食ってきた時にスプールを抑えたまま合わせ、すぐにベールを戻さないと巻けない。

つまり、磯フカセ師がよくやるあの独特の持ち方で対応することになった。

これには本当に苦労した。ルアーロッドでは溜めが足らずにベールを戻すタイムラグでバラしが連発。周りと比べるとアタリの数は圧倒的に多いのだからちゃんと効果はあるのだが、獲れなければ意味が無い。

結局このカーブフォールを使用したアジング流全層釣法は着水後のカウントフォール中のアタリを取り、かつ仕留めることが可能という程度の補助的扱いになった。
(今では慣れたのでアジングの大きなスタイルの「巻く釣り」「巻かない釣り」に「送る釣り」として追加し、自分の中では確立してやっている。)

しっかりとアタリを取り、かつ全層とまでは言わないが幅広いレンジを探るにはどうするべきか・・・・・

そんな時、「水平フォール」というアクションを耳にした。
どういうものか、調べ、実践した結果。
 カーブフォールで弧を描きながら落ちていく早さだけ竿先を持ち上げると水平に落とすことができる。
ということが理解できた。

この竿先を持ち上げるという動作に着目。
竿先を持ち上げた後、下ろせばラインスラッグを確保できるではないか!!

つまり「水平フォール」「フリーフォール」を繰り返すだけの動作。去年の5月あたりから度々出てきたワード「階段落とし」だ!

ちょうど同時期にARUKAZIKさんの方で「ステップフォール」というパターンを提唱しているが横文字かそうでないかの違い位だ。ほとんど同じものである。念のために言っておくがパクってないよ!?うんホントに!!それに気がついたの去年の終わり頃に雑誌見て解説に階段状の線が引いてあったからだもんwwホントダヨ!?


もうイメージは文字通りそのままです。階段状に落としているだけです。
ラインは余分な分だけ巻取りをする巻かない釣り。
どれだけが余分かというと、フリーフォールで落としてそろそろ落としきったかなと思った辺りでラインを張った(竿をゆっくり立て始めた)時に予想よりも竿先に重みが来るのが遅かった時です。
そういった予想とは違う重みはJHが落ちていないこともので想像できることは
 潮が今までと違う場所に入った(潮目)
 何かしらの魚が食った
 途中ゴミやクラゲなどに乗っかった
 ボトムについた
が考えられます。これはとにかく経験して臨機応変に対応してみてください。

この階段落とし、潮を無視する重さ(1g以上)だと階段状に
 潮に乗る重さ(1g以下)だと稲妻状に落とせるのが特徴です。
潮の様子を見て色々試してみてくださいね?


とまぁこんな感じで全層釣法(このブログ上ではフカセとアジングを分けるために後者を全層探りと読んでいます)を流用した「全層探り(送る釣り)」「階段落とし」を基本にやってます。
非常に手返しは悪いですが、鯵が射程内にいれば確実に仕留めることができるので参考になれば幸いです。

ダイワ フォーセップM TYPE B

2014年 07月22日 12:37 (火)

ダイワフォーセップ

大佐殿に前々からオススメしてもらっていたものです。
ちょっと2000円と値段が張りましたが・・・・・
これはいいものだ・・・・!!

ロックはしっかりとしているのに使おうと手にすると何も違和感なく外すことができる。
軽く摘んだだけでしっかりとホールドしている。

これでもうゴンズイも怖くない((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


大切に使おう。

続きを読む

持ってる男・・・

2014年 07月20日 01:10 (日)

我らが持ってる男、「0くん」を連れて最近調子がいい感じと聞く明浜へ行ってきた。

okunnakehama.jpg



にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
ついでのワンクリック、よろしくお願いします!

3日前から中々な釣果を出している場所。
3連休中ということもあり人がごった返していると思いきや意外と空いていました。


8時から9時まで探ってみたが釣れる気配がまるでしない。
これが噂に聞く「4日目のジンクス」か・・・・・

ホントに4日目は激渋です。注意しましょう!!

ここは後半伸びる釣り場ですがちょっと先が見えないので後ろ髪を引かれつつ移動。

次の釣り場では真ん中の外灯右側にアジンガーが1人、その横に例のおっちゃんが(相変わらず近い^^;)
挨拶がてら話を聞くと1匹づつ釣ったらしい。

いつもの定位置だけに更にその横に乗りたかったが突端が綺麗さっぱり開いていたのでそちらに乗ることに。

この場所は鯵の回遊パターンとしては夕マズメから日没後は真ん中の外灯によってきて、そこが釣れなくなると突端が釣れ始めます。

突端の海を覗くと、表層には結構いい型のアオリイカが何匹もいました。ついでに穴子さんも。

こりゃ、あまり表には出ていないと思い壁際を丁寧に探っていくと釣れた。
はじめのうちは痩せていて15cm程度の鯵だったが、次第に25cmに届くか届かないかくらいの体高のあるのが釣れた。

そして0くんもちゃんと流れに乗って・・・・


20140719o.jpg

いい型の鯵を上げた。
それからもう帰ろうと思いきや良型が釣れる、よしまだ釣ろう。
 もう帰ろうか、ヒット!!よし釣るぞ!!

の繰り返しで11時まで釣り


20140719aji.jpg


2人で11匹。
内訳:0くん 3匹
   きゃべつ8匹  でした!!

一時はどうなるかと思ったが、持ってる男0くんのお陰でここまで持ち直すことができた。


続きを読む

コラボって来た。そして・・・・・

2014年 07月17日 01:12 (木)

やぁ、ちょっと天狗になってるきゃべつです!

媛鯵んが~のチーム、noriさんが明浜へ来るというので、支援に行ってきた!!

相変わらず所、今日も人が多い。
そして、のべ竿のおっちゃんは人が入れたらすっと入ってくる・・・・・

もう気にしないことにする・・・・・

にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
皆さんのお陰でテンションアゲアゲです!
応援のワンクリックよろしくお願いします!!


8時に釣り開始。
前回ならこの時点で釣れ始めた。前回の潮は満潮が9時、今回は10時30分。
誤差の範囲。

だけどなんだかオカシイ。
妙に潮が走る。右方向にフルキャストしたのにあっと言う間に左にいる2人向こうのところまで流れる。(とは言っても密着してるわけだが)

仕掛けを入れるのに苦労していると同行者のオヤジが2回連続でバラした・・・・・
そして、暗いので仕掛けを作ってあげる・・・・・・
再開、投げる、釣る、を2連続、25cmを上げた。

と、ここでnoriさんからHELP!! どうやら入り口がわからなくて右往左往している様子。助けに行くと、割りとすぐ近くだった。
まぁ確かに入り口はわかりにくい。先導して一緒に釣りを開始。

サクッとお互いに1匹づつ追加。
けど後が続かない・・・・

隣に入ってきたおっちゃん、半分すねて帰るし^^:

それからネンブツダイに遊んでもらっていると更に隣に居たおっちゃんが唐突に海を照らした。

そこには「平たく」「長く」「頭が四角い」魚が泳いでいた。

どう見てもシイラでした。メートル級の・・・・・・・
こりゃ釣れる訳ない。ダメだ。 noriさん、すごく運がいいのか悪いのかどっちなんでしょう????

さっと諦め、審議の結果役場裏へ。

そして、アジンガーが沢山居た。
角の広っぱに到着した時は沢山居たのだが、近寄るとほとんどが突端に向けて移動した。
どうやら2組だったようだ。

残った方2人に挨拶をし、許可をもらってから細い足場に立った。
オイラ的にはいつもの場所。


そして、隣にnoriさん。

彼の目の前にちょうど潮のぶつかり合う線が走っていた。

こりゃチャンス!!とばかりにこれまたサクッと1匹釣り上げた。

もしかするとnoriさん、スタートダッシュ得意でしょ?
負けじとオイラも後に続く!!
痛恨の2連続水面バラシをやってしまったが・・・・・・

でも3、4回目はちゃんと釣りましたよ?

でも後が続かなかったようです。完全にオイラのせいですゴメンナサイm(__)m


20140716.jpg


とここで10時のシンデレラ。
タイムアップです。5時おきのオイラはここまでです。
noriさん、また行きましょう。今度こそは快釣でありますように!

続きを読む

こんなの初めて///

2014年 07月16日 15:41 (水)

なにがって?
そりゃブログ村のアジング注目記事ランキングが1位なったんです!!



ブログ村を始めて1週間・・・・
まさか1位を取れるとは思いませんでした(T^T)

でわでわ、、、実際のランキングページを見てみましょう。





もう、2度と見れないかもしれません・・・・

四国釣行記の方も



1位です!!

これも今までこの「釣りおたくバンザイ」を応援してくれた皆様のおかげです!
これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

続きを読む

こんなに釣れていいんだろうか(困惑)

2014年 07月15日 19:05 (火)

相変わらず明浜に行ってきました。
オヤジをダシに使って!

道中、信号という信号全部渡ろうとしたら赤信号。
しかも絶妙なタイミングで無理なく止まれるタイミング・・・・・・
逆に言えば無理しないと通過できないww

ここは当然のように止まります、はい。

この信号、僕にとってはその日の釣果の指標。
いわばジンクス。

無理しないと止まれないタイミングでの赤信号は不釣
今回のような無理しないと通れないタイミングでの赤信号は好釣です!!

ものすっごくわかりやすいです。
運は完全にこちらに向いています。

にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
ついでのワンクリックお願いします。
これがこんなに嬉しいものとは思いませんでした!!



釣り場につくと先端と真ん中のちょうど間にカゴ師が居た。
松山からで昼から開始のオール組らしい。

挨拶して真ん中の外灯の右側、毎度のごとく定位置w

日暮れ直前にもう一人やってきた。
見た感じのべ竿のおっちゃん。

何も言わずにトボトボ歩いてきて、外灯の左側のほぼ真下に座った。

ちなみに僕は右側のコンクリートの継ぎ目。
オヤジが外灯のほぼ真下(右側)。

オヤジとおっちゃんの距離1m

釣りとしてはほぼ密着、外灯挟んでるけど。



そのうち人がどんどん集まりパッと見10人位になった。
僕ら以外餌釣り。

ちなみに僕の立ち位置が一番潮上になってますので餌の影響は殆どありません。


8時になる辺りで25cm平均でポンポン釣れ始めた。
食ってくる位置が堤防の際際(10cm~20cm)
オヤジはjh1gで、僕は06g
ワームはお互いにアジリンガーのアジキングシルバー。

40分になったあたりでパタリと釣れなくなった。
多分満潮が9時だったからだと思う。
それとここ、9時回ると突端から湾奥に向かって移動するのが重なったせい。

それを知っているがゆえにきっぱりと諦め他の釣り場に移動して数匹釣って帰った。

20140714.jpg

オヤジの27cmを筆頭に計18匹。
内訳:オヤジ、7
    きゃべつ、11
でした!!


続きを読む

台風が肩透かしで良かった・・・・・

2014年 07月12日 01:09 (土)

太平洋側は結構やばかったらしいです。竜巻?みたいのあったり。
まぁ四国の大部分は平和です。

と、台風通り過ぎた後は比較的穏やかになりました。
こうなると居ても立っても居られない。
出撃です!!


にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
1クリックして戻るだけの応援おねがいします。

ニュースを見る限り1級河川はかなりの水量が出ているはず。
てことはそういう湾は避けるのが無難。
消去法で決まるのは明浜地区。
結局ココかよ!?って思った画面の前の君?







正解です!!


どっちに転んでも明浜へ行くつもりでした。

道中は台風明けのせいか、どこもかしこもがら空き。
お目当ての釣り場がすんなりととれました。

釣るのはいつもの定位置、真ん中の外灯。
夕まずめにメバルの23cmから始まり、カマス、サバと一気に3目達成。
当然のごとくネンブツダイも釣れたので4目。

だいぶ日が暮れてから18cmをスタートに23,25とサイズを上げた

1601.jpg


この時点でメバルとサバ、豆アジを入れて8匹。

夜9時を回るとネンブツダイのオンパレード。
この釣り場は勝負が早いのが特徴。
素直に移動を開始する。


次の釣り場に到着したら誰も居なかったのでのんきにジュースを買っているとアジンガーが一組やってきて僕が同類と見るや否やさっとクーラーだけ持って行って場所取りをした。
なんだかな~~と思いつつ手前の方(明かりがギリギリ届かない立ち位置)を許可をもらって投げることに。

潮は表層が風に吹かれて右へ。
でもそう思ってどんどん沈めていくがいまいち入りが悪い。
まさかと思い逆の流れを想定して流し込むと綺麗に同調できた。
ここから糸を張って送っての繰り返しで全層探りをしていく。
40カウントしたあたりでノソっと違和感。
さっとベールを戻して合わせると見事な引き。
グングン持って行かれて上がってきたのは25cmのセグロ。

それから同じような流れで+3匹ゲット。
これで12匹。

釣りながらアジンガーの人に情報を教えつつ雑談をして楽しく釣りができた。



20140711.jpg


計12匹。引きも強く、手応えのある鯵たちだ。


そうだ、媛鯵ンガ~のチームに参加してみました。
今回の釣行の帰りにジャリジャリさんと待ち合わせをして挨拶。
ブログで拝見する限りの印象より気さくな方でした。
その点オイラ、人見知りがちでテンション低めですww

近いうち、チームの皆さんと釣りをしてみたいですね!!

突然の来訪者

2014年 07月09日 10:39 (水)

台風、やばいの来ましたね。
四国で幸いなのは前線が居ないことですかね・・・・

それはそうと雨が本降りになる前に頑張ってししとう収穫してきました。
帰ってきて外のめだかちゃんに餌をあげようかと水瓶の前に




ビビりました



ほんっっっっっっっっっっとビビりました。
だって普通こんなところにいるわけないじゃん。


へびにびびる

ヘビちゃん。

へびちゃん逃げる


あまりにも唐突だったので
「フォォォおおおおオオオオお!?」
奇声を上げてましたww

そしたらシャワー浴びてたおかんが飛び出して「キャーーーーー」と逃げ腰になりながら覗き込む。
これはブログネタが降ってきたと激写するオイラ。
ついでに面白かったのでおばあちゃん読んできて覗き込ませる。

するとおばあちゃん、杖で突付きはじめた・・・・・!?

へびちゃんびびり


へびちゃん完全に萎縮して蜷局を巻く。

これ完全にイジメの図だ。

んでオヤジも帰ってきたんで走って来てもらって覗かせると無言で走り去っていった。

ちなみにオイラ、特に害のない動物を観察するのはとても好きなんです。
しばらく観察しているとコンクリートブロックの穴からひょこっと

かわいいへびちゃん

顔出し。

触りたくはないけどなんだかかわいい。

ずっと離れて観察してヘビちゃんのほうがしびれを切らした。

hebeiytann.jpg


逃走開始。
じつはこれオイラの部屋の前にある花壇なんです。はい。

んで最終的にこんな感じに落ち着きました。

へびちゃんどくろ

結局狭いところが落ち着くんですよね。
オイラもギュウギュウ詰め落ち着きます。

さてこのブロック、家の壁を挟んだ向こうはオイラのベットなんです。
どうやらこのヘビちゃんと一緒に台風をこさないと行けないみたいです・・・・・・・

ジトジト、不快指数が上がってきました

2014年 07月07日 23:43 (月)

雨降りに釣りに行きたいというオヤジを連れて行き
あまりにも早く行き過ぎて日没前にリタイアしましたww


翌日、ちゃんと日没時間を計算して穴埋めに行きました。

20140771.jpg

にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
ブログ村ランキング、しれっと参加してみました!
応援よろしくお願いします!!




綺麗に雨雲の穴に入った明浜。
ものすごくジトジトしていつの間にかメガネが曇ってきますが雨は降っていませんでした。

向かいに見える鬼ヶ城。
その向こう側がピカピカ光っている。
あの山を雷雲が超えてきたら引き上げよう。

日没後、バカバカと釣れ始めました。
でもなんだか予想より?いつもより?引きが強い。
ドラグ調整と02エステルの劣化が重なり2連続でラインブレイクによるバラシ。
トドメに隣のオヤジが抜き上げ直前にバラシ。

やべーよ、アジがちっちまったよ!!

時合を完全にぶち壊してしまった。
しかもなんだか妙に浮足立って考察と戦略が上手くいかない。

少ししてオヤジが2連続ヒットさせ24cmをゲット!!

201707072.jpg

その間、妙に噛み合わずに焦りが出てきました。
久しぶりにスランプ来たのか、単純にリズムが狂ったのか。
どちらにしても調子が悪い。

ということで気持ちを仕切りなおし、今回の釣行戦略をリセット!
表層から4カウントずつ丁寧に探り下ろす。
それぞれのレンジを左、中、右・・・・丁寧に(ART??)
そして40カウントの左、来た!!!

今度は引きの強さに負けないようドラグに余裕をもたせ、丁寧に浮かせる。
やっとこさ釣ることができた。
セグロだった。
回遊型のセグロ。
足が速いセグロ。
パターンは入らないからレンジを幅広く探っていく。











雷雲がだいぶ近づいてきた時は9時30分。
実質8時からの釣行だった。
終わってみればよくあれから立ち直れたもんだ。

201407073.jpg

カウンターは8匹。
オヤジの2匹も入ってるからいつの間にか6匹釣っていたようだ。
1時間30分がすごく長かった気がする・・・・・・・・

02で強烈な引きのアジ・・・・・・・
しばらく忘れていたこのスリル・・・・・・!!
アジングってこんなに楽しかったんだ・・・・・!!?


よし、台風の間にライン買い替えついでに消耗品補充してこよう。

数は釣れないけど粒ぞろい

2014年 07月05日 19:24 (土)

最近日がながいですよね~~
しっかりと暗くなるのが8時とか・・・・・
どんなに遅くても日付が変わるまでには家に帰らないと辛いオイラは実質10時までしか釣りができないからヒジョーにもどかしいです。

とまぁ相変わらず明浜釣行なんです、はい。
いつも明浜選ぶのは片道1時間30分以内の距離で外れが無いポイントが多いからです。
三浦半島もいいけどあそこ行くと狙いの場所に乗れなかった場合選択肢が少ないのが痛い。
まぁそんな感じで最近釣れないなんて聞くと無性に行きたくなるんです。

1ヶ月ブランクがあると集めた情報はまるで役立たず。
ちょっとずつ情報集めていることで気がついたのはちょうど釣り休みしていた時がめちゃくちゃ釣れていたようですね・・・・
そのせいで人が押し寄せてどこもかしこもギュウギュウ詰め。
んで僕が復帰すると釣れなくて人が来なくなって・・・・・
どうやらアジがきゃべつを恐れているようです!!
フフ、怖いか?


と、前置き長くなりました。
明浜釣行、行きましたがカゴ釣りのおっちゃんたちが珍しくいつもの立ち位置に乗っていて諦めました。(突端の明かりがチカチカしてるせい)

なのですっからかんだった場所へ!
南側にサビキのおっちゃんが居ましたが昼組だったので日が暮れると帰って行きました。
んでその後に行ってみると妙に気配がプンプンしてます。
側面は右方向に、突端は風に吹かれて東向にながれている。
つまりポイントはその合流する線!!
そこに沿って階段落とし。
そして足元のエグレたところでガツン!!

毎度の如く手すりに巻き付いて落としてしまうまでそれで釣れました。

20140705.jpg

26cmを筆頭に6匹。
8時から釣れ始め9時に納竿。
見事にセグロばかりでございます。
ホント居付き居ないなぁ。



足元を通り越して後ろを釣るという新しさw


原点回帰

2014年 07月01日 11:43 (火)

先に釣果から載せますかね~~

20140630.jpg

大小合わせて8匹です。
オヤジと半分半分ですけどw
豆アジを除けば23cmが平均、しかもでっぷり太ってました。

さてタイトルですけど、「原点回帰」
僕の釣りのテーマは「釣れないを釣る」
まぁこの考えに至ったのは釣り場の占領と略奪でかなり嫌な目にあったからですね。
それを見返してやろうと思ったわけです。
たまにそれらの防衛で牽制の一手を打つために使わない竿などを投げて放置している方もおられますがそれでは同じことをやっているだけなんですよね~~

今回は釣り場1択で行きました。
当然のように釣り人も居ました。
突端に2人、真ん中の外灯左側に2人
なのでいつもの定位置、真ん中の外灯右側取った。
左側のかご釣り師は釣れない釣れないと言っている。
日暮れ前に一人追加でやってきた。
その人はのべ竿師だったのだがそれがまた近くで釣りを始めたんです。
外灯の真下、僕らからは2mくらいかな?
近くで餌が入ると自然のパターンが崩れてやりずらくなるからヤバイなと・・・・・
まぁ幸運だったのはこちらが潮上だったこと。
全く餌の影響を受けないところで探りを入れると釣れる。
釣れるのがまぁ普通じゃない。
珍しく横の釣り。しかも壁際という・・・・・

そこでふと周りを見てみると釣れているのは僕達だけでカゴ釣りの人は釣れないと帰り支度。
のべ竿は隣で釣れているのに餌を撒いている自分は釣れないとため息。
はたから見れば探りを入れている場所が見当違い。
確実に餌の影響で浮きすぎくらいアジが浮いているのに棚が深すぎたり遠すぎたり・・・・・
昼間の釣りをそのまま夜やっているのだろう。

言い方はあれだがオヤジが隙をみて餌で浮いているアジを釣っていたのでその点は確信がある。

とまぁあまりいい感情ではないのだが、してやったり。

「釣れないを釣る」

久しぶりにその一つをやることが出来ました。
普段は人が居るところを避けて誰も釣りたがらない場所での「釣れないを釣る」だったのですが、今回は人がいるけど全体的に「釣れないを釣る」でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。