05月 « 2014年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり土日は対人戦・・・・

2014年 06月29日 11:18 (日)

土曜日行ってきました明浜へ。
豆アジラッシュ真っ最中ですが良型も確実に混じっています。
そのためかどの堤防も人だらけ。
ここも、あそこも人が・・・・・ッて感じでどんどん奥まで辿り着いた。
ここもでかい方はぎっしり居ました。
一番奥も人が、真ん中も突端にいる。
角だけはぽっかり開いてたので消去法でここに陣取った。

ま~~~アタックしてくるのは乗りもしない豆アジばかり。
時々鯖に食われて藻に絡んでラインブレイク。
賑やかですなww


しばらく頑張っていると足元でまぁまぁが釣れた。
日が暮れても単発で釣れるくらい。真向かいで投げているアジンガーがドラグをならすばかりでここまで群れが入らない。
これだけ人がいると下手に移動すればつり場がなくてそのまま帰宅になりかねない。
だけど粘ってもこれといった成果がでない。

9時に回った段階で「もう帰ってもいいや」って覚悟で移動をする。

するといつもの釣り場がガラガラ。
ラッキーすぎる。
いつもの定位置で06jhを全層探り。
相当深めのところで23cmゲット!
そこからオヤジとそこそこ釣れて後ろ髪を引かれながら帰宅した。
もう少し早めに移動を開始していたらもっと釣れたかもね~~


20140629.jpg


10cmを超えたら外道ですよ~~~~
スポンサーサイト

カンを取り戻す!!

2014年 06月26日 00:01 (木)

1ヶ月のブランクはキツイです。

パソコンいじってたら靴下をガジガジするので覗いてみるとデカイ百足ちゃんが足から生えてました・・・・
普段からはありえないくらいのスピードで後ろに飛んで火バサミ取りに行って百足ちゃんと戦闘!!
トドメはおばあちゃんのお湯かけでした。


ムカデちゃん

念の為に頭ちぎりました。

しかし噛まれたのが靴下でよかった・・・・・
防御力1くらいはあるのかな?



それはそれとして、仕事に余裕ができたのでアジングに行ってきました、オヤジに追い出されるように・・・・・

釣り場についたのは5時・・・・・・
早い、早いよ・・・・・・
日没まで2時間はあるよ。

とりあえずサビキで釣れている豆アジさんで遊ぼうとするが、アミに集中しているのかほとんど釣れない。
釣れても針のほうが大きくてしっかり刺さっていないからすぐにバレる。

そのうちやってきた仕事帰り?のなかやnさんと雑談。

その後ここをあとにし、いつもの釣り場を覗くが人がぎっしり詰まっている。
でかい方堤防もぎっしり。

仕方ないので護岸で探りを入れると右角にキロくらいあるかもしれないイカちゃんが5,6匹見えた。
まだアジが入っていないようだったから一番奥の堤防に行こうかと思ったが、真ん中の堤防がすっからかんなので乗ってみた。

突端でなんとなく向かいの堤防にjhを投げて適当にL字パターンやっていると足元で23cmのアジが食ってきた。
それから日没後に1匹。
豆アジが湧いたかと思うとネンブツダイばかりになったので一つ手前の外灯に移動。
なんとなく釣れる気がしなかったから更に手前の外灯へ。

フワフワ探っていると20オーバーを2匹ゲット。
1匹ばらした。

20140625.jpg

9時過ぎてアタリも無くなったので素直に退散。
少しずつ自分の釣りを思い出せて来ている。
傾向も少し見えてきた。
次はもう少しマシな結果になると願いたい。

復帰戦

2014年 06月23日 12:05 (月)

約1ヶ月ぶりに行ってきました。
雨のスキをついて!

1ヶ月のうちに海の様子が様変わりしていました。
子サバの猛攻、カマスの猛攻
カマス最小
頑張っても最小記録を更新するなか、同行者の大佐殿は一回り大きいのを釣っていく。
まぁこの時点で豆アジさんを1匹釣っているのだが、単発で終わっている。

外灯がつくまで探りを入れてみたがイマイチ状況がよくなる気がしない。

素直に移動して。
でかい堤防に乗ってみた。
白い方の外灯の下に陣取ったのだがロープがいつもよりも横に入っていたようで引っ掛けてしまった。
よけつつキャロをボトムまで落とすと大佐殿と続けて20cm強のアジを釣ることができた。
しばらくして更に小さいアジ(10cm以下)を釣って突端を探り帰った。
アジ20140622

海はプランクトンの濁りより川の濁りが強いようだった。
上層は真水のようで白く濁っていた。
そのせいか釣れたのはある程度深めの層だった。

それにしても昼から雨が上がる予報だったのに結局シトシト振り続けてた・・・・・・
予報を直前でずらして行くのやめてけれぇ~~~~~

アウェイの視察

2014年 06月21日 19:46 (土)

ちょっと海が違うだけで雰囲気がまるで違う。
宿毛と宇和島は魚影の濃さ、潮の濃さくらいだった。
今度は思いっきり北、長浜へ行ってきた。(ホントに視察だけ

話には聞いていたけど遠浅。
どこがブレイクになっているのか、どこまでが浅いのか、地形の把握がまるでできない。

できるのはどこでも共通の潮の読みだけ・・・・・・

長浜
肱川の河口付近

潮は上げ潮で浜の方に向かい、テトラで曲がりクルクル回っていた。
もしも釣れるならその辺りだろう、チヌトップも河川内含めて良いポイントに見える。


イマンボウ


噂のイマンボウ。
途中までは短い堤防があるがそこから延長するようにテトラが続いている。
写真にある2本目の電柱まで行ったが、特に釣りをするわけでもないのにピョンピョン飛び跳ねるのは疲れる・・・ので引き返した。
明かりが灯るのは遠巻きに見る限り突端付近のようだが昼間の釣りだとそこまでしなくても写真を撮った付近で釣りをするのも十分ありだろう。
雰囲気はプンプンしていた。
でもまぁかなりやる気にならないとシンドいなw


とまぁそんなこんなでブラブラしてきた。




ハイボール


さて、釣行のイメトレでもしながら飲みますかね・・・・・・

復帰宣言!!

2014年 06月20日 22:51 (金)

やっとセルテートがOHから帰ってきました。

セルテートOH後

長かった、3週間と4日か・・・・・・
ほんと長かった。

でもゴリゴリ感はしっかりと治ってる!!
グリス多めにしているのかすこし湿っぽい巻き心地だけど、しばらく回していたら結構馴染んできていい感じ!

パーツ交換はなかったから基本料金のみだった、メインギア交換を覚悟していたんだけどねww

で、早速行こうかと企んでいたら、土日は雨だし、月曜日は施餓鬼の練習だし、翌日から車がリコールで1泊入院だし、車が帰ってきてもその日の夜は集落営農の集まりがあるし・・・・・

気がついてみたら八方ふさがりORZ
 
あ~~~~~~もう、雨上がれやこらぁ!!!

フカセに行ってきて・・・・

2014年 06月09日 21:29 (月)

うん、行ってきました。
チヌフカセに、津島へ。

ついたら赤潮・・・・・・
なのか??

釣れるには釣れるんだよ。
グレが!!
んでとびっきり赤い潮に入れたら


ズン

とくる奴がきた!!


チヌ来たか?これ。

足元に潜る潜る。
竿が元からしなる・・・・






初グレ・35cm



35cmの口太グレでした!
でも赤潮がひどくてオヤジがノックアウトww

しゃーなしで移動。

三浦半島へ。


そしてオヤジは猫達の下僕となった・・・・・・・








んでオイラは天気の読みに失敗して・・・・

日焼け


悲惨だ・・・・・
半袖で歩けない

あたり潮ってめんどくさいですよね?

2014年 06月05日 08:36 (木)

投げてボトムにまで入れていたら、ラインは遠くにあるのに足元(真下)で引っかかっているなんてことがあります。

これって厄介ですよね?
では実際に釣りをする堤防であたり潮が発生した場合どういう流れになっているのか考察してみましょう。




仮にこういうポイントの場合



ほとんどの場合と予防線をはった上で・・・・
水の流れは潮のようなどっしりと全体で重く流れるとき、逃げ道がある方へ流れていきます。
Q`堤防の場合、逃げ道はどこか?



A`先端です

例外はありますけどね。
(陸と堤防が直角になっているのではなくそのまま真っ直ぐ伸びている場合とか。)

で流れはこうなります。




どれくらいの厚みで足元を先端に向かって流れていくかは潮の強さの加減ですが、だいたいは足元に淀みやゴミ溜まりができるのでそれを見ればすぐに分かります。

この横に流れている潮の向きを把握するのが重要です。
Q`あたり潮でボトムを取ると足元になぜ来るのか。



A`自分に真正面から向かってきているから

だったら自分から逃げていく(もしくは避けていく)潮にしてしまえばいいんです。
割りと簡単でしょ?

Q`上のような潮の流れの場合どうすれば逃げていく潮にできるのか



A`潮下に向かって投げてみればいいんです。

そうすれば自分に向かってくる状態は最小限に、逃げていく状態は最大限に活かせます。
この場合の欠点は仕掛けが入りにくいことでしょうか。

その解決方法もあります。
向かってくる潮を X
逃げていく潮を Yとします

X:Y=1:9

これのXの数字を上げてやればいいんです。
でも5を超えてはダメですよ。
理由は




自分が投げられる最大距離を10等分した時にこうなるからです。
5が正面なのでそれを超えてしますと潮上になげることになります。

話を戻しましょう。
仮にXを4にすると
4:6になります。

すると向かってくる比率が大きくなりました。
向かってくる間、沈み易くなります。
この比率の調整でレンジを変えることができます。

まぁ注意することはラインを送り過ぎないようにすること。
必要な分だけ送るようにしてください。
でないとと表層にいるラインは遠くにいても、実際のルアーは予想以上に近くに来ています。

とまぁあたり潮の場合の根がかり防止方法でした!!

最近は別世界で冒険三昧

2014年 06月02日 21:58 (月)

スカイリムは現実よりも美しい世界というが、実際冒険中風景に見入るような場所が沢山あります。
まさにドラクエの世界に入り込んだような感覚に・・・・・
これ、ヘッドマウントディスプレイ使ったらすごいんじゃないのかな?

2014-05-28_00001.jpg  

とまぁ別世界を冒険三昧
現実では?


新ジャガの季節です!!

ジャガイモ1 


ジャガイモ2













ジャガイモ3 

今日はポテトサラダでした!
次はじゃがバターがいいな~~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。