08月 « 2017年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの更新でございます。

2015年 03月30日 13:18 (月)

どもどもご無沙汰してます、きゃべつです。
釣りには行っていたんですけど、ブログのために釣りをしてしまっていて釣り自体が疲れていました。
なので初心に帰るためにブログを休み、そのことを考えないで釣りを楽しむようにしていました。
ってことで予告なしでお休みしていてゴメンナサイ。

ここから本題。

ここのところ暖かく農作業もトントン進んで行くので忙しく、忙しい分だけ釣りに行きてーーー!!ってなるのでほぼ連日出撃。
しばらく明浜に通っていましたがここのところは近場で済ましています。

朝方雨が降った日曜日、農作業も雨のためお休み。
でも昼からいい天気。
こんないい天気、家でのんびりするのももったいないし、ヤエンでも行ってのんびりと過ごしてみるか・・・・・ってノリで行ってきました。
宿毛と違って宇和島の鯵屋さん安いですね!8匹で500円。
昼からのんびりやるにはちょうどいい量です。

2015-03-29 150533

最近思うのは竿受け、バトルゲームほしいな!って。
そう思いながらアジカンサイクロン買っちゃったのでしばらくおあずけなんですけどね。

のんびりと海を眺め続け、オヤジはその辺でチョロチョロしながらアジングタックルで五目釣り。
がっついた釣りももちろんいいけど、たまにはのんびりと時間も気にせず糸を垂らすのもいい、とてもゆったりとした釣りです。

ま、明るいうちはなんにもなかったんですけど!

暗くなり、ここのところよく会う夫婦のライトルアーマンや近所の少年も、昔からここに通っているアジンガーさんもやってきて賑やかになりました。

アタリがないので暇つぶしにアジングやっていましたがふとヤエンのほうが気になったのでイジってみると

軽い!

鯵の重さも、ラインが沈んでいる感触もない。
ちょっと目を離したすきに何かしらのアレで切れたのか?
??がいっぱいのなか回収していると糸はどんどん足元に・・・・・・・
そう、竿先通り越して足元の堤防に向かって伸びてる。

よく目を凝らしてラインを追っていくと距離0mのところで鯵を抱えているイカさんがプカプカ。

なーーんだ、食ってたのか。

そっかそっか良かった。

よしアジングするか。


ってちゃうねん。イカ抱いてんねん。足元で。

ちょっと(かなり)慌ててヤエンを投入するが近すぎてめちゃムズイ。
でバラしちゃった。

素早く回収し、再投入、鯵の頭はなかった。

すぐに抱き直してくれて少し置いてから軽く引っ張る。
するとちょっとだけ立ち位置から離れてくれた。
ヤエンを投入してフッキング。
今度はうまく出来た。

抜けそうかな?と思って試したが怖かったのでやめてタモを使う。
オヤジにHELP!!したけど「ふーん」ってノリで状況を理解してなかったので諦めて自力でやる。

そして、ヤエンがタモに絡まりイカがお帰りになりました。

その後のんびりとオヤジがノソノソやってきて「なんしよるん?」って。

若干涙目になりました

説明したら慌ててタモを手に取って構えてくれたけどちょっと()遅かったです。

夜くらいところでのヤエンは難しいですね。タモ入れするにもイカとの距離が計りにくい。
明るいヘッドライトがほしいと思いながら鯵を再投入です。

その後アタリはなかった。

ヤエンの仕掛けを片付けた後にイカが浮いてきました(T_T)



でもその代わりにと言ったらアレだけど




967.jpg


29cm!
やったね!!僕の今回の釣果はこれだけ。
オヤジは20cm平均で5匹ほど釣ってます。

あちこちの個人的に好きな釣り場が徐々に本気を出しだしているようでこれからのアフターパターンに期待!!
スポンサーサイト

宇和島湾にアジングに行ってきた

2014年 03月28日 23:55 (金)

前回の記事で上げたメソッド(仮)の証明に行ってきました。
あれから時間は立っているけど、前日に三浦半島にフカセに行きサルパ大量発生を確認してきたので条件的には満月週か新月週違いくらいですかね。



ついてみるとのべ竿でアジを狙っている餌師でいっぱいだった。
様子を見ていると釣れている様子はないので少し離れたところで投げた。

サルパは相変わらずいるが普通に釣りができる程度だ。
潮は比較的澄んでいる、足元の敷石が見えるくらいに。
そして回遊で堤防の際を「アジ」が回遊している。

ちゃんといるのに餌師は釣れていない。
観察を続けていると、エサを捕食もしていない様子。
まぁちゃんと食べているなら餌師の撒き餌で足止めができているはずだからな。
一部個体は産卵行動らしい泳ぎ方をしていたし。(おしりとおしりをくっつけてひたすら泳ぐ)
というわけでちゃんといるのに釣れないという状況だったので日が暮れるにしたがって一人、また一人と帰っていく。

日が落ち切る直前、最後に残った餌師が30オーバーを上げて帰って行った。

その直後オヤジが強引な引きをする何かと格闘し、針はずれ。
本人曰く「ちゃんとフッキングできていれば取れたはず」
もしアジだったなら横口にかかってばれたといった具合だろう。
にしてもデカそうだった。

日も暮れ、餌師はみんな帰って行った。

7時30分ごろようやく僕にもアタリが来た。
乗らなかったが。

それから潮に流していると、糸が走ったような気がした。
オープンベールのまま空合わせ。

明らかな生命感。若干無理な体勢からのあわせだったため後ずさりしながら体勢を整える。

上がったきたのは23cmのアジ。


次につなげるためにストマックポンプを使ってみたが何も入っていなかった。

それから30分くらいしてやって時合いになる。

どうやらサルパの下の層にいるらしく、直接落とすと邪魔をされて仕掛けが入らないので潮上からサルパの集団の下に流し込むようにするとそこそこ釣れた。




fc2_2014-03-28_23-04-01-736.jpg


親父のも含め8匹。
この状況下なら好釣と呼べる出来だ。





実は先日行った三浦半島もアジがいるにはいたんだがサルパが多すぎてまともに釣りができない様子だった。
宇和島湾はサルパはいるもののそこまで多くはなく、アジも低活性ではあったがいるにはいた。
やはり、サルパを避けて釣るなら潮通しの悪い淀んだポイントが有効だろう。

もちろんある程度の傾向というだけなので、日によっては大量にいる可能性がある点はご了承ください。


ウサギが餅つきしてるけどアジングに行ってきた

2014年 03月17日 09:51 (月)

ホントに明るかった・・・・
釣りしてる最中「あっもう夜明けか・・・・」なんて思ってしまったから。


はい、今回は水が浦に行ってきました。
突端は遠目で見ても人いっぱいなので浮き桟橋で様子見。
所々でバチャバチャと鰺っぽいの暴れてるんだけど食わない。
そこから思いっきり外すと口を使うのが居るって状況。
フッキング出来ないけど(笑)



日が暮れるにしたがって突端の人達がポツリポツリと帰るか移動していく。
浮き桟橋で暗くなるまで待ったけどなぜかここだけ真っ暗闇。
まさかの外灯がつかない!?


渋々突端に移動。
まだ混んでるだろうなと覗くとおっちゃんが角で1人釣りをしてるだけだった。
まだ車は何台かあるんだけどな。


ともかく空いているので乗る!


なんか怪しかった手前でサクッと1匹

角のむこうでオヤジが1匹

おっちゃんはなぜ釣れるのか不思議そうに見ている。

僕の方は単発だったのでオヤジの方に行って投げる。

そこからパターンが続かず足も早いけど何投かに1匹のペースで釣れ続けて





2人で30匹?くらい。
猫が影で潜んで狙ってたので数えてません。


おっちゃんは僕らが釣ってるところに投げたそうにしてたので釣り場を交換。

しかしおっちゃん釣れない。
僕らは釣れる。


おっちゃん不思議だね?
多分棚と潮読みが甘いのよね。

説明したけど

「満月はアジングの方が釣れるんか」

から離れてくれなかったから諦めた。

餌よりアジングの方が釣れるという状況は本来は有り得ないと思ってます。

ちなみにサビキとアジングは同じです。
撒き餌を使っているか、いないかの違いです。

餌釣りは刺餌を使ってる釣りだと思ってます。

まっ本来はこの状況下だと釣果に差が空くことはないはずだよな~








そうそう、前回揃えた道具、結構使いやすかったです。
ゲームベストもあまり干渉してこないから動きやすいし
スタメンケースも使いやすかった。
やっぱりケース一つに纏まると捗るな!!
ロッドポストは堅すぎかな?
リールフットがはまる場所にビニールテープとか緩衝材咬ましたくなりました。


さて、田んぼ叩きに行くかな。

Time limit 30 for ajing

2013年 03月25日 21:10 (月)

※文法がどうとか、英語間違ってるとか細かいことは知りません。
英語2だったひとにとやかく言わない!



それはさておき、おかんがスイミングなので運転手で宇和島にやってきた。
授業は1時間。

その間暇なのでアジングをしてみた。


現場は宇和島湾の堤防。

来るのにスイミングから10分かかったので帰りと、道具の出し入れを考えると実釣30分。

焦りと爆風の中やりました。



結果は










まぁ釣れた方ですな。

形は最高23cmほど。
粒揃いでプリプリに肥えているのでうまそう・・・・・!

先行者の常連アジンガーの方には半分割り込みみたいになってしまったけど、お互いに笑って楽しめたからよかった。
ちゃんと許可取ってます。



もっとやりたかったな

アジング爆釣中!!

2013年 03月23日 08:17 (土)

最近明浜近辺をうろちょろしているんです。

サイズは出ませんが、釣れます。1g以下のジグヘッドで釣れます。
というかそれ以外ほとんど喰いません。

筋のような潮が入り組んでいるので脈釣りになります。
ちょっと流し方ミスるとなかなか喰いません。

ちっちゃいけどこれが楽しい!

同行者のオヤジは脈釣り(ドリフト)が出来ずに5cmのメバルやイシモチばかり・・・・

なんとか釣らしてあげれないだろうか・・・・



そういえば釣りしている最中に農協のo氏から電話があったんだが、どこで知ったんだろうか。

おらが入賞した話。

そして、彼はチヌ釣りに興味を示したようだ。
今度教えてくれと言っていたが、いつになるのだろうか。
早くしないとベストシーズンすぎちまうぞー!?









追伸:今年の桜はなかなか足が早いですな……
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。