10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとしたこと

2015年 11月24日 17:55 (火)

最近泣き尺止まりでもどかしい気持ちでいっぱいのきゃべつです。

3連休中2回ほど行ってきましたが、1回目は道具満載のライフジャケットを家に忘れ、かつ目的の釣り場にも入れずで自爆。
2回目はいつもの釣り場のいつもの立ち位置を取れ、25cmオーバーをちょこちょこ釣って さぁ写真撮ろう!と思ったらデジカメ代わりのスマホ忘れている始末。

帰って撮る手段もあったが何かとドタバタして忘れるし・・・・・・


なんだかブログを書きにくい状態。


なので最近ふと思ったことを書く。

結論として「人それぞれでしょ」「単なるエゴだ」と言われたらそれで終わる話なのだが

 最近アジンガーたちのマナーとして俗にいう「豆アジ」「ゼンゴ」などと呼ばれる小さい鯵はリリースしようという流れがある。
いわゆるキャッチ・アンド・リリース。

ちっちゃいのは海に戻しておっきくなってからまた釣りましょう。
って考え方。
資源保護としては正解
でも釣りとしては首をひねる。

見方を変えると
殺すのは可哀想だから逃がしてあげる
ともとれるから。


では釣り本来の考えは?

キャッチ・アンド・イート

釣って食べるである。

少し話が逸れるが、農業をしていて最ももったいないと思うのが「食べられるのに捨てざるをえない」である。
食事をするときに日本では「頂きます」「ごちそうさま」を言うが、初めはこれを調理してくれた人にいうものと理解していた。
でもそれだけじゃなかった
次に理解したのは1次産業の人たちにいうもの。これは自分がなって実感した、自分に言われて実感した。
最後にもったいないと思って理解したのは 命に対して言うもの ということ。

命に頂きます 命にごちそうさま


そう理解したら遊びであるゲームフィッシングの相手の魚にはどう感謝すれば?と疑問に思ったがそう意識したら答えがあちこちに転がっていた。

無理なく食べればいい。

釣ったら何もかも食べるのは行き過ぎ、自分でできる範囲で食べれる範囲で食べたい範囲でキャッチ・アンド・イート。
これくらいがちょうどいいのでは?

所詮アジングで1度の釣行中に釣れるのは20~30匹釣ったら大漁、一桁で終わることの方がほとんど
サビキや餌釣りしている人たちはよく「まだ20匹しか釣ってない」なんていうのに。

同じアジ釣りでも決して餌釣りよりも数を釣ることが原則としてないアジング

だったら、ちっちゃいからリリースしてキープが25cm1匹 渋かったです、よりも
ちっちゃいけど10匹と25cm1匹釣ったから明日唐揚げにして家族で食べよう!のほうが楽しいように見える。


所詮遊びの釣りなのだから楽しんだもの勝ち。

ならば全力で楽しまないと。



ちなみになぜこういうことを書いてみたかというと

「ちっちゃいのだからリリース」と言いながら隣で投げるアジンガー達が居た
僕はこんな事を書く人間なので豆ちゃんだろうが良型だろうがしっかりと締めて持って帰る
それを怪訝そうに見る彼ら
ぼそっと あんなちっちゃいのまで と言ったのも聞こえた。
そんな彼らは20cmすこし足りないくらいの鯵を釣っちゃポイポイとリリースしていた。
彼らは 今日は渋い 移動します と言って去って行った、1匹もキープせずにだ。

僕が彼らに抱いた感想はただひとつ「もったいない」だ。

せっかく釣った鯵がもったいないのではない
せっかく釣ったのに楽しそうではなかったからだ。

これまでちっちゃいのだからリリースのようなことをしていた人と何度も釣りをしたことはあるが、そのように感じたことはない。
おそらく楽しんでいたからだと思う。



楽しくないゲームってただの苦痛だよね。

どうせ遊ぶなら楽しくないと。
自分に嘘ついてまで遊びたくはない。
持って帰りたいなら持って帰ればいい、リリースしたいならすればいい。
どこまで行ってもそれは自己満足で終わる話。
遊びってどこまで行ってもいい意味で自己満足の世界だから。

最後に
 
 自分に嘘をついてまで貫く流儀なら捨ててしまえばいい
遊びなんだから苦痛はいらない
 気に入ったものがあったら拾ってみればいい
合わなければまた探すだけ
 自分に嘘をつかなくなるまで藻掻けばいい
振り返ればそれすらも楽しいから





ではでは
所詮遊びだからこそ真剣に遊びたいただの遊び人からでした。
スポンサーサイト

ロッドホルダーを積んでみた

2015年 10月27日 12:19 (火)

プロボックスの貨物量に改めてびっくりしているきゃべつです。

フィールダーに積んでいたロッドホルダーをプロボックスに取り付けて見ました。

20151026 154705

座席後ろの物入れも引き継ぎ。
少しサイズが合わないからそのうち調整しないと・・・・・・

屋根の長さがフィールダーより20~30cmほど長いようで、ハンガーの位置も再調整。

20151026 154740

前部ハンガーは後部座席のヘッドレスト後ろに。
それでも十分ロッドを支えてくれます。

ロッドも7フィートまでは伸ばしたまま積めるようになりました。

7フィート10くらいになると先っぽがつっかえますけど、短距離移動なら大丈夫かな?

ってことで試験走行も兼ねて出撃!


でも残念。
アジは僕を避けて行くようです・・・・・・

15くらいも豆ちゃんとなんとか20cm?


20151026 184530

に見えるだけ、
1cm誤魔化して19cmです。


ん~もうちょい北上するべきだったかな?

こっから先はほとんど行ったことないけどそろそろ冒険をする時かもですね。

もうフラグは立てない

2015年 08月17日 00:48 (月)

どもども、オカンの足つぼ指圧していたら、綺麗にツボに入って蹴られました、きゃべつです。

ごきゃって音はしましたけど不思議と痛くありませんでした。

ちゃんと動くしきっと大丈夫。


まーそれはそうと、本気を出すとか言いながらマジで仕事が忙しく中々釣りに行けない日々が続きました。

お盆に入ってやっと落ち着いたのでチョチョイと行ってきました。


釣れたのは「からあげくん」だけどね!

20150816 174421



軽いjhより少し重めの1.5gのほうが反応ヨカッタですよ~





それと



20150816 235805
20150817 001147


ボルト見てきました!

ナルトが始まったのは僕が10歳のころ。
それから15年連載。
僕が高校生あたりになるとナルトも少年から青年に成長していた。
そう思うとナルトと一緒に年を取った気がしてきます。

そんなナルトも親になったこの話。
主人公も子「ボルト」に世代交代。
子が親の背中を追っかけるような
また1から単行本買って読みたくなるような、そんな映画でした。

僕自身見終わった後、なんとなくほっこりしましたし、いろいろ思うところがあったり。




さて今年は鯵はハズレ年っぽいけど映画は当たり年。
次は何みよっかな??

気がついたら・・・・・

2015年 05月25日 12:43 (月)

どもどもご無沙汰してます、きゃべつです。
気がついたら1ヶ月以上更新サボってました・・・・・
言い訳をするとですね、釣りに行ってネタがあったら書くぞー!って気合入れたときに限ってスマホを自宅に置いてきてしまって・・・・・・
写真なしじゃ味気ないし、なんて思っていたらあっという間に時間すぎてました。


というわけで?久しぶりに書いていきますよ!
今回はアジングではなくヤエン。
先日に偶然、izuyanさん、なかやnさんが釣りをしているのを見つけまして、声をかけるとイカ3杯ほど釣ったらしいのです。
い~な~♪なんて思いながらその日は帰宅したのですが、2日後、気がついたら海に出かけてました。
ヤエンの道具を積んで。

同行者は0くん
前にチヌ釣りに宿毛に行ってボロボロになったのでリベンジだそうです。
といっても宇和島なんですけどね・・・・

おいらはヤエンなので石応のアジ屋さんで餌買ってと企んでいたら、まさかの店仕舞い・・・・・
ナンテコッタイ
ここはアジンガーの腕の見せどころ!
暇つぶしになるだろうとアジングロッド(キャロ)を積んでいたのでそれで・・・・・
しかし、いつまで経っても釣れない。
25cmくらいのカサゴは釣れるんですけどね。

0くんもやたらと釣れるグレに飽きたみたいで移動。
セルフのアジ屋さんがある明浜へ。
そこでアジを買っていると桟橋のしたに50cmはあるかもしれないチヌさんを発見!
近くの堤防に乗りたい!!けどもそこには先客が。
その山の向こうも埋まってる。
泣く泣く奥へ奥へ・・・・・・

とりあえず空いていた堤防に乗ったはいいけどエサ取りの連続みたいだった。
僕もアジを投入したがここじゃない、って感が言ってる。

昼飯まで頑張ってみたが、ダメっぽいのでizuyanさんたちが居た堤防へ。
ここは見事に空いていた。

もう0くんの釣果は半分あきらめてもらって←え?
ヤエンに専念する。

すると30分もしないうちにドラグが爆走する。
糸の向かう先は藻のなか。
為す術なくバラしました。
遠くに見える藻からジェット噴射してました・・・・・

それから1時間後今度は沖に向かって走って行く。
今度こそはと気合を入れてやりとり。



20150524 141034


バッチリ取れました!足裏サイズ!!
その頃に0くんの撒き餌もなくなったので一緒にヤエン♪

2人でまだかな?まだかな?と待ち続け4時間後・・・・・・・

アジのストックも残り少ない。

そんなとき、ドラグが鳴る!!

ホントは0くんにやりとりしてもらいたいけど余裕がないのでタモ係をお願いした。

バラしたくないのでやりとりを丁寧に丁寧に・・・・・



2015-05-24 165252


さっきと同サイズ!
見分けがつかないくらいそっくりなので締めたあとにパシャリ♪

今度、ヤエン行こうかね等と言いながら豚太郎よって帰りました。


さて次はバラし0目指すぞ!!!

そろそろインゲンの収穫始まりそうだけど、あと1回行けるかな?

天気予報は嘘をつく

2015年 04月07日 23:49 (火)

どもども、きゃべつです。
月夜の晩ですが曇りなのでアジングにいってきました!

いざゴールデンタイムに・・・・・と思ったらポツリポツリ雨が
さらに後から横に来たカゴ釣り師、2本投げてそのうち1本が潮に流れて僕の立ち位置を越えてくる。
もう気にしないことにして、その竿とウキの線上と潮に糸が流されてフケていることを考慮に入れてキャスト。





通り過ぎたら回収してくれるおっちゃんなのだがもう1本を弄っているときは越えてくる。
弄り終わると回収する。
こちらは糸ふけも考慮に入れてキャストしているのでお祭りはしないはず・・・・・

ところがどんどんラインがおっちゃんの方に引っ張られる。
お祭をしたので素直にゴメンナサイ。

気を取り直して再キャスト。
しばらくするとまた越えてきた。
今度はもっと横に投げる
どんなにフケていてもお祭はしないであろうところへ。

しかしまたしてもおっちゃんが回収するとお祭りしている。

度々申し訳ないと謝り、今度は複雑に絡んでいたため、こちらの仕掛けを僕が千切って回収。
外灯が効いてきても魚っけも出てこなかったので移動した。

アレだけウキからハズして投げてもお祭りしたってことは・・・・・




これくらいフケていたってことに。
これだと僕の立ち位置、投げる場所無いのよね。

それと移動間際、「あんたらどこから来た」と聞かれたので高知(大まか間違いではない)と答えたのだが、今から思うとこのおっちゃんにとって高知の人はマナーが悪い、何度もお祭りしてくる、なんて感じているかもしれない。
そう考えると対応ミスったなと思う次第。

結果論、複数本持っているカゴ釣り師が横に来たら逃げろ

う~ん理不尽、実に理不尽。


とまぁ愚痴はそんなところで、移動した先はトコトン魚っけなし。見たところは全部潮通しの良いところばかりなので悪いところを探る。
湾の奥の方にあるあまり乗ることの無い堤防に行くと水面にはプランクトンらしき虫がウヨウヨ。
そのしたのほうでフラッシングもしている。
今日1の魚っけに喜んでキャストすると近くでバチャバチャとライズが出だした。

潮の流れがそこそこ速いので潮上から流し通り過ぎたところでステイすると面白いように釣れる。
といっても15cm程度だが釣れないより嬉しいに決まっている。

大佐殿はそんな中で20cm超えを果たしたのだが。(ウラヤマシイ)

雨も強くなりだした9時すぎに納竿。
一時はどうなるかと思ったが釣りになってよかった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。